保育士の年度途中の退職が迷惑な理由と上手な辞め方

保育士の世界でもタブーと言われているのが「年度途中の退職」です。

その理由は、

・保護者、子どもたちとの関係を再構築しなければならない

・保護者からは保育園に対して不信感を抱かれる

・職場の同僚に仕事のしわ寄せが行き、迷惑がかかる

・保育士不足のため次の人が見つからない

この辺りは保育園は勤務をしている人は感じることではないでしょうか?

保育園の先生として採用をされている場合にはほとんどの人がクラスの担任となります。

担任のいるクラスに法的に問題のない範囲で人数を入れて保育をしていますので年度の途中でやめられると、保育園側も1年間の計画がくるってしまいますので困ります。

保育園では途中退職はご法度と言われているには特殊な業界であるためですね。

保育士、幼稚園教諭、小学校など学校の先生は年度途中の退職は困るケースが多いですが、法的に見た場合にはどうなのでしょうか?

 
スポンサードリンク
 
   

退職の法的なルール

まず、退職の基本的な姿勢としては「一身上の都合により退社」という形が一番きれいです。

これは労働者である保育士さんが保育園を辞めたいという意思がある場合に適用をされることです。

法的な考えとしては「労働者は自分の意志で辞めたい時には自由に辞められる」となっていますので、保育業界ではタブーと言われていることも法的には全く問題はありません。

退職の原則は「退職届けを出してから実際に退職をする期間は2週間」と定められています。

基本的には直属の上司に「退職届」を提出することで受理をされれば退職は可能ですね。

保育園がこの期間内は引き止めることはできますが、それ以降は拘束はできません。

もちろん上司が「退職は認めない」と言ったとしても法的には全く問題のないことなので辞めることは現実的に可能です。

万が一保育園が「退職届」の受け取りを拒否した場合には内容証明郵便等で退職の意思を表明した事を証拠として残しておくといざというときに役立ちます。

ただし、保育園では引き継ぎや次の人は見つかるかもわからない状況もあります。

年度の途中でも円満退職を基本としたいので、あなたの融通がきくのならば園長先生ときちんと話し合いを持ちましょう。

提出をする際に退職願いは間違いで「退職届」とだしましょう。

退職願いは「退職をしたいのですが大丈夫ですか?(よろしいでしょうか?)」と伺いを立てることになりますので、退職の意思が決まっているならば「退職届」として提出をしましょうね。

会社の就業規則に一か月前と記載されている場合

法的には自由に辞められることはわかったけれども、就業規則「退職は一か月前に申し出ること」と記載をされている場合にはどうなるのでしょうか?

もちろん法的なしばりはないのですが、退職を申し出てから一か月は妥当な長さとして判断をされます。

年度途中で退職を申し出た場合には労働者にも一定の割合で責任が出てきますので年度途中でどうしても退職をしたいと思ったら就業規則などのルールについて理解をしておきましょうね。

就業規則はあくまでも保育園内のルールなので、法的にも規制をされるということはありません。

過去に私の勤務をしていた保育園の話なのですが、退職者が本当に多い保育園でした。

理由としては、人間関係が悪く一部の人間のみに有給休暇の自由や昇給などがあり下に人たちにとって不満を感じることが多いことからみんなが退職をするという意思をだしたのです。

その時は10月で来年度に9人が退職と出していたためその分の補充も必要ですし、これだけの先生が辞めるということは保育園のしんよう問題もかかわることでしょう。

そこからは園長の強引な引き止めがあり、個室に1人ずつ呼ばれて「継続して勤務をする」というまで部屋から出してもらえない軟禁状態になっていました。

最終的には9人中5人はやめられなくなったのですが、ほかの保育園でも無理な引き止めをするケースも多々あります。

引き止める場合には原因があります。

その原因の根本の解決が一番の近道になると思いますが、法的には「辞めたい」と言った人を強引に引き止めることはできない決まりとなっていますのでそこは理解をしておきましょう。

ちなみに、この園長のような執拗な引き留めは違法ですし仕事の引継ぎは義務ではありません。

退職届けの書き方

退職届けの書き方ですが、縦書きの便せんに書きます。

(縦書きに書いてください)

退職願い

このたび一身上の都合により、平成〇年〇月〇日をもって退職いたしたく、お願い申し上げます。

平成〇年〇月〇日

〇〇保育園 ○○組 山田太郎(あなたの名前)

○○保育園

園長△△ △△殿

以上の書き方で十分通用をしますので、本当の退職をしたいと思っているなら年度途中でもこの書き方で提出をしましょう。

保育士の退職理由

保育士の年度途中の退職理由にはいろいろな理由があります。

世の中の保育士の方は一体どんな理由で退職をしているのでしょうか?

・保育をしていて子供のことを好きになれなかった。

・職場の人間関係に疲れた。

・書き物や持ち帰りの仕事が多い。

・お給料が低い。

・勤務時間が長く、変形労働時間制は大変。

・保護者の理不尽なクレームに疲れた。

この6つは保育士の退職理由でも多いですね。

では、その詳細な理由について書いていきましょう。

【保育をしていて子供のことを好きになれなかった】

・最初は子供が好きだと思って保育士のなったのですが、実際に保育としている内に子どものことが「好き」「かわいい」と思えなくなった。

・保育をしていてイライラをすることが多く、時には子どもに怒ってしまったり、八つ当たりにように言ってしまうこともあり子どもに申し訳なく退職を申し出ました。

【職場の人間関係に疲れた】

保育士の辞める理由でもトップに入っているのは「人間関係」です。

保育園という職場は福祉のため、基本が人とかかることが必須の職場のためコミュニケーション能力が何よりも求められます。

 
スポンサードリンク
 
   

もちろんうまくやっていけばよいのですが、合う先生もいれば合わない先生もいます。

そのため、合わない先生とクラス担任になると地獄ですし、女性の世界のため独特な陰険な嫌がらせもあるのは正直なところです。

・機嫌が良い時は話しをしてくれるが、機嫌が悪いと無視で話をしてくれない。

・後輩の手柄はすべて自分の手柄にする上司。

・シフトがいつも嫌がらせのようにしんどい。

こんな風に人間関係に疲れて保育士を辞める人がいます。

【書き物や持ち帰りの仕事が多い】

これは特に社員の人に多い理由で、日誌、日案、週案、月案、年間カリキュラム、乳児ならば個人カリキュラムなど保育士の書類は膨大な量となっています。

しかも、派遣社員、契約社員、パートの先生には責任もないため社員がすべてしなければなりません。

日中は保育でお昼寝している間にお帳面を書いたりすることになりますので休憩時間もほとんどとれず、壁面を作る時間もないため常に家で仕事をしているような感じになります。

・書類を要領よく終わらせても、結局は終わら家で毎日書類の作成がある。

・仕事を家に持ち帰っているため家事が適当になり、夫に怒られる。

・土日は毎週壁面や制作のための準備に追われており、休める暇がない。

【お給料が低い】

これは保育士の誰もが持っている悩みになりますね。

例えば、保育士として7年目で残業は月に10時間程度、土曜日は月に2回は出勤で手取りは15万円程度、夏と冬のボーナスが15万円ずつなので年収は200万円程度になります。

これが保育士さんのお給料の現実です。

参考記事保育士のお給料の平均は安い 改善をして上がる可能性について

・このままのお給料では一人暮らしもできない。

・結婚を考えている彼女がいるが、このお給料では結婚もできない。

・他の業界のお給料を見て、衝撃をうけた。

・ニュースで「保育士=低賃金」というニュースをしった

【勤務時間が長く、変形労働時間制は大変】

保育士の仕事は特殊で変形労働時間制が導入をされているケースがほとんどです。

そのため、朝の7時~19時もしくは20時くらいまで開園をしていますので、その間は一生懸命働く必要がでてきます。

中には毎日の勤務時間が7時~19時までで、子どもから目が離せないのでそこから事務仕事を残業してやるのか?もしくは持ち帰ってやることになるため休む暇もなく、良い保育ができないというケースがあります。

しかも、シフト制となっていても早番で早く帰れることはないですし、遅番でゆっくりくることもできない。

残業代もまったくでないため現実はかなり苦しい状況になっています。

【保護者の理不尽なクレームに疲れた】

保育士で大変なのは保護者対応です。

もちろん、うまくコミュニケーションを図り話しをしたり、子どもの様子をこまめに伝えることで信頼関係を築いていければ信頼もしてもらえるのですが、なかなかうまくいかないこともあります。

時には理不尽なクレームが来ることもあり心身ともに気を遣うことも多いため保育をやっていく自信がなくなり辞めてしまいます。

・けがをさせてしまい誠心誠意謝罪をしたが、罵倒をされた。

・運動会でかけっこに負けただけで「遅い子とペアにしてくれ」と苦情がきた。

・ささいなミスをクラスの保護者全員にラインでまわされていた。

保育士という仕事は本当は子どもをみてやりがいのある仕事なのですが、何か違う方向へ進んでしまい精神的に疲れてしまう方は多いです。

経験年数に関係なく1年目でも10年目のベテランでも同じように感じることは多いようですね。

保育士の途中退職は転職に影響する

保育士の途中退職は転職に影響するか?

これについては私も採用をする立場だったため正直な気持ちを書いていきます。

副園長をしているときに、履歴書をみて採用もしくは不採用の30%は決めていました。

そこのポイントに「退職の時期」「退職の理由」をメインに見るようにしていましたね。

退職の時期が途中の人の場合は「なぜだろう」と思い必ず聞きますが、その理由が明確な場合にはほぼ不採用にしていました。

保育園も採用をするということは「できるだけ長く勤めてほしい」と願いをもって採用活動をしています。

しかし、幼稚園でも保育園でも途中で辞めてきている人は自分が見ていた子どもを無責任に放り出して転職活動をしているのだという印象を持ちます。

この印象をくつがえすだけの理由があるのなら問題はないので、話をきちんとできるようにしたいものですね。

他にも勤続年数もみます。

例えば1年で仕事を辞めている場合には理由は必ず聞きますね。

退職をする場合には途中退職は不利に働く場合が多いです。

その理由は「この保育園でも同じように嫌なことがあると途中で投げ出す可能性がある」からです。

途中で保育園や幼稚園を辞めて他の保育園へ転職をするならば明確な理由をもっておきましょう。

例えば、「引っ越しをして通うことが難しくなり、近くの保育園を探していた」など途中で退職をしなければならないと思ってもらえるような理由が良いですね。

保育士の途中退職のまとめ

ここまで保育士の途中退職についていろいろと書いてきました。

もちろん保育園にとってもあなたのキャリアにとっても途中退職は良いことではありません。

しかし、私も一度精神的につらい状況になり残念ながら途中退職をした経験をもっています。

今になると「あのときにみていた子供たちには申し訳ない」と感じることがありますが、あの時はどうしようもなかったというのが正直な感想です。

私のように心の問題で退職をしたいという場合には年度途中の退職も仕方がないです。

逆にそのままがんばって年度の終わりまで働いたとしても何も残せないでしょうし、子どもや保護者へ良い保育を提供できるとはおもいませんので一度現場から離れるという方法は1つです。

また人間関係やお給料的に辞めたいと思う場合にできれば年度の終わりまで勤務をしている方が転職にも履歴書にも問題はなくなりますがどうしてもという場合は仕方なく年度途中の退職を申し出ることもありだと思います。

これは個人的な見解ですが、「私が辞めたら大変」という感情は必要ありません。

あなたが辞めた分はフリーの先生や、採用をした新しい先生で埋められて問題もなく回ります。

結論的な話ですが、組織とはそうやって回っていますので途中退職をする際には理解をしておきましょう。

途中退職は良くないですが、どうしてもという場合には周りで一緒に働いている保育士、子ども、保護者のことを冷静に思い出してくださいね。

 

 

 

 
スポンサードリンク
 
   

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

運営者情報

「保育ライフ」へお越しいただきありがとうございます。

私、運営者のtakaと申します。

元現場の男性保育士で認可保育園はもちろん、認可外保育園の立ち上げ、集客などもしてきた異色の保育士です。

現在36歳、娘も2人います。

保育士の仕事って大変だけど特殊な世界なので世の中にもっと伝えたいと思いこのサイトを始めました。

詳しい経歴はこちら

自己紹介

ページ上部へ戻る