保育士転職フェアよりもエージェントの方が好条件な転職に成功できる

私は保育士をしていたのですが、転職は何度かしたことがあります。

その中でいろいろと試して良かったと思う体験談について書いて行きたいと思います。

私は男性ということもあり、保育士として転職をするためにもある程度の条件がありました。

その条件にあるところにしか転職をしたくなかったので、その条件がかなう子どもとかかわれる仕事を探していたのです。

今回の私の条件は以下の通りです。

・お給料は手取りで20万円以上もらえること。

・先があり、上にも上げっていける環境があること。

・休みがある程度安定していること。

・残業が少ないこと。

いかがでしょうか?

保育士としている人から見ると「そんな条件も保育園なんてない」「子どもとかかわる仕事は低賃金」と思っている方も多いと思います。

しかし、私は上記の条件をすべて満たして転職に成功をしたのでその感想と体験談について書いていきます。

 
スポンサードリンク
 
   

保育転職フェアの感想

まず、保育士が転職をしたいと思ったらどんな風にして探すでしょうか?

ほとんどの人はハローワークへいって求人情報を見て転職先を探すことになると思いますが、多くの場合は良い転職先の情報は見つからないと思います。

その理由はハローワークは無料で掲載をできるため、どんな人でも閲覧が可能ですし、給料についても条件のついても今働いている職員も見れてしまうため良い条件を書くことはできないからです。

そのため、実際にはなかなか良い条件の求人が見つかることは少ないですね。

そこで私はハローワークが行っている地域の保育士転職フェアというものに行ってみました。

これは自分が住んでいる地域で行っている保育士は転職、再就職するためのフェアとなっています。

具体的には今後人材がほしい、今すぐに人材がほしい欲しい保育園や福祉施設が開催日に一か所に集まり、ブースを持ちます。

そこには実際にその施設で働いている人や園長先生がいますので、そのブースへ訪問して来た参加者へと自分の園の目指す保育や福利厚生、給料や待遇の説明を行ったり、実際に働いている職員が大まかな園の説明と詳細な職場環境について話をしたり、時には個別相談にも乗ってくれます。

基本は無料開催となっていますので誰でも参加ができるますし、求人だけで応募をした場合にはその保育園の雰囲気や園長先生の人柄などはわからないですが、実際に見て、話をすることができますので自分に合う、合わないも見極めることができるフェアだと思います。

私はブースに座っていたこともあるのですが、その際には保育園の理念や考え、職場の雰囲気などを紹介して、来てほしいと思える人んはオファーをかけたり、「ぜひ私の保育園へ来てください」とスカウトをしたこともあります。

参加者としていった際には保育園の雰囲気もわかったのでよかったのですが、自分の条件に合う就職先が見つかるかというとそうではなく、普通に一般的に就職をしたい人にとってメリットのあるフェアなのかなと思いますね。

本音は聞けないけれども、保育園の雰囲気やイメージを味わいたい方には良い機会だと思います。

また、多くの保育園は参加をしていますので一度にいろいろな保育園の人たちと話しができるというのは良い機会だと思いますね。

保育士転職エージェントに依頼をしてみた

保育士は転職をするとなった場合に、ハローワークもダメ、保育フェアもダメということでなかなか転職活動がうまくいかない状態が続いていました。

もちろんこのままではいつまでたっても好条件は就職は難しいです。

そこで私はネットで保育士の求人転職を探して好条件は転職に成功をしました。

私が使った転職サイトは「マイナビ保育士」と呼ばれるもので、マイナビの保育園関係に特化をしているサイトです。

他にも求人もあるのですが「転職エージェント」と「求人サイト」には違いがあるんです。

保育士エージェントと求人検索の違い

保育士エージェントとは求人の紹介を代行してくれる会社のことです。

つまり、自分の条件にあう求人を見つけてくれますのでメリットも高いですね。

ただし、採用をする側はエージェントに採用をされた人の年収の20~30%程度を支払う形になります。

保育士エージェントの場合は求職者である仕事を探している人には条件にあう求人を紹介しており、保育園には採用をしたい人物を紹介しています。

お互いの条件が合いやすく、良い人材を紹介するケースが多いので多少お金を支払っても利用をする保育園経営者が多いです。

経営側からすると、

・良い人材を確保できる可能性が高い

・人材を探す手間がいらない

こんなメリットがあることから保育士エージェントの人気は高まっています。

それに対して保育士求人検索は「求人を載せているだけ」ですので、その条件で就職をしたい人が閲覧をして自分で応募をするという形になります。

エージェントは「紹介」、求人はすべて自分でという違いがありますので、おすすめは併用をするという方法です。

保育士転職エージェントのメリット

保育士エージェントをつかうメリットはほかにもありました。

それは、「ヒアリング」と「交渉」になります。

ヒアリングは転職サイトのエージェントやコンサルタントが一番力を入れているところです。

 
スポンサードリンク
 
   

転職エージェントの側からすると紹介をする人の性格や人物像などによっては紹介をした場合に保育園の信用を失う可能もあります。

そのリスクを避けるために登録をした人のことを事前にしっかりと調査をします。

それがヒアリングと呼ばれる方法で、登録をした保育士の話を聞いてその人のことを知るようにしますね。

その結果保育士エージェントも紹介をしても問題のない人物ということを見極めれば紹介をします。

保育士エージェントの思いは、自分たちが紹介した保育士求人に出来る限り長く勤めてほしいという気持ちが強くあります。

そのため転職を希望している方が「何を求めて?」「どのような条件で?」という部分が重要であることを知っており、電話もしくは実際にオフィスに来てもらってヒアリングをしっかりとします。

また、転職を希望している場合の希望も細かく聞いてマッチのする転職先を紹介します。

例えば、今勤務をしている保育園が家から遠くて、お給与もあがらないかたが転職を希望したい場合、

「家から近くて」「お給与が上がる」ような求人を希望すると思います。

あなたにマッチをする求人を転職エージェントも必死に探してきます。

ヒアリングは求職者と紹介者のミスマッチを防ぐ意味もありますので転職エージェントはとても力を入れています、。

注意点としては保育士の転職者は「嘘はつかず、あるがままの希望を言いましょう」

どんな条件が希望で、どれくらいの通勤時間で、どんな保育園が良いのか?

しっかりと条件を伝えることによりエージェントは求人を絞るので、はっきり言ってもらえる方が探しやすいです。

場合によっては予想していないような求人が出てくる可能性もありますので、良い意味でもしっかりと希望と条件は伝えましょうね。

次に重要な交渉代行です。

これはあなたに代わって「面接の日時」「希望給与」などを伝えてくれるサービスです。

もちろん無理難題はダメですが、ある程度はエージェントが伝えてくれますので非常にありがたいですね。

私も仕事をしながらの転職活動であったために、

「平日ならば面接を19:00以降にしてほしい」

「土曜日の午前中に面接をしたい」

こんな風に無理をいました。

就職前に面接をする人がこの条件を園長先生らに伝えると不採用になってしまう可能性もあり得ます。

しかし、転職者の希望なども丁寧に代行してくれますので面接などは問題がありません。

また、面接へ行く際にはその保育園はある程度の希望を伝えてくれますし、希望が叶うのか?それとも求職者も妥協が必要なども内部の事情も教えてくれます。

あとから「話が違う」という相違をなくすためにも細かな点まで調査をしてくれるので、仕事を探している人にとっては便利なっですすね。

私も気になったこととをエージェントにお願いして聞いてもらいました。

「離職率」「離職理由」ですね。

転職する際にやはり長く勤めたいと思うのは誰もが思っています。

しかし、離職率があまりにも高いと就職をあまり希望したくありませんよね。

私も友人も同じように転職エージェントを使って転職をしたのですが、友人は就職をしたい保育園があったので「その保育園へ転職したい」というピンポイントでお願いをしました。

大阪の認可保育園で保育歴6年でクラスのリーダー(責任者)をしていました。

来年から主任に昇進予定でしたが今よりも残業が多くなり、手当も月5000円しかつかないと言われました。

・月の手取り(手当込) 18万6800円(税込み)⇒15万3000円(税抜き)

・ボーナス   2.5か月分(約45万円ほど)

・年収の総計が 約269万1600円(税込み)⇒約200万円くらい(税抜き)

・年間休日 102日

(もちろんサービス残業は1日平均1~2時間(月に30~40時間ほど)

しかし、転職エージェントを利用してみると、

 大阪の認可保育園でクラスリーダーとして転職。

もちろん通勤時間などの条件はすべて自分の理想通りです。

・月の手取り(手当込) 20万8600円(税込み)⇒17万2600円(税抜き)

・ボーナス   3.5か月分(約60万円ほど)

・年収の総計が 約308万1600円(税込み)⇒約240万円くらい(税抜き)

・年間休日110日

(残業は月に10時間ほどですべて残業代として支給をされています)

 

いかがでしょうか?

転職エージェントは面接も同行をしてくれますし、いろいろな情報も教えてくれる便利なサイトです。

しかも、無料で利用が出るというのはうれしいですね。

私は年収305万円が年収370万円まで転職エージェントを利用して成功し、今は保育園でも上から3番目の立場に転職をして3年でなっています。

保育フェアも良いのですが、実際には転職エージェントの方が使いやすいのかもしれないですね。

私もいろいろな転職サイトや求人サイトへ登録や検索をした結果みつけた方法なので、保育士として転職を考えているのならばいろいろなサイトやハローワークなどの実際にフェアなど行動を起こして下さいね。

 
スポンサードリンク
 
   

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

運営者情報

「保育ライフ」へお越しいただきありがとうございます。

私、運営者のtakaと申します。

元現場の男性保育士で認可保育園はもちろん、認可外保育園の立ち上げ、集客などもしてきた異色の保育士です。

現在36歳、娘も2人います。

保育士の仕事って大変だけど特殊な世界なので世の中にもっと伝えたいと思いこのサイトを始めました。

詳しい経歴はこちら

自己紹介

ページ上部へ戻る