出産手当金の支給日はいつ?条件と申請と計算方法を解説!退職後は?

出産手当金をしっていますか?

これは産休を取る際に健康保険組合から支給をされるのが出産手当金です。

「もらうには条件があるでしょ?」と迷っている方もいると思いますが要件を満たしていれば派遣社員やアルバイトでも関係なく支給をされるものですので安心をしてください。

しかし、出産手当金をもらうためには手続きや条件が必要となります。

そこでこの記事では出産手当金について書いています。

記事を読み終えることで出産手当金の支給日はいつなのか、手続きの方法はどうするのかなどがわかります。

産休を取得すると決めた方はかならずチェックしてください。



出産手当金とは?もらう条件と産休を解説

出産手当金は出産をするとなった人に支給をされるお金のことです。

これは会社などからは支給をされることがない制度が一般的になっている産休中に対して対応をする制度です

産休の時期は出産のために体を整える時期で、本来は会社に席を置いてもらえるだけとなりますが無給がほとんどです。

しかし、これから赤ちゃんが生まれてくることを考えるとママ達も不安を思うこともあるでしょう。

その産休中にママや赤ちゃんの生活を支える目的で勤務先に会社が加入をしている健康保険から支給をされるものを「出産手当金」と言います。

出産手当金の詳細については妊娠出産でもらえるお金と出産手当金とは?もらう条件と計算方法に書いていますので参考にして下さい。

ちなみに間違えられやすい出産一時金については出産育児一時金とは?受給条件と申請方法と差額請求に必要な書類に詳しく書いていますので違いについて参考にしてください。

出産手当金をもらう条件

では、出産手当金をもらうための条件について詳しく書いていきましょう。

出産手当金をもらうための条件について書いていきましょう。

勤務先が健康保険に加入をしていて産休中に賃金が支払われていないことが条件です。

正社員しかもらえないと思われがちですが、派遣社員、契約社員、パートやアルバイトなども対象になりますので確認をしましょう。

ただし、健康保険の扶養になっている場合や国民健康保険に加入をしている場合は対象になりませんのでご注意を。

ちなみに支給をさるる額は給料の2/3程度となっており、会社から給与が少しでも支給をされている場合には出産手当金は減額をされます。

産休とはいつ?

この出産手当金は産休中の間となっていますが、産休とはいつかも確認しておきます。

産休は産前休暇と産後休暇に分かれています。

産前とは出産予定日から6週間前(双子以上の場合は14週間前)から請求をすれば取得が可能な休暇。

そして、産後休暇は出産の翌日から8週間は原則できない決まりとなっています。

この産前と産後の休暇のことをまとめて「産休」と呼びます。

育休と勘違いされることもありますが、育休は1歳に満たない子供を養育するもので産後休暇後に取得するのが育休となります。

※産後休暇は6週間を過ぎた後、本人の請求と医師が認めた場合は就業可能。

出産手当金の支給日はいつ?平均金額と期間

そんな産休前、産休後に支給をされる出産手当金ですが申請をしてもらうことができます。

しかし、「いつもらえるのか?」は気になる問題です。

仕事をしたくても、産前休暇に入ると仕事をすることはできなくなりますので、お金が入ってこない現実があり不安になります。

また支給日がいつかわかっておけば産前休暇の前からお金の予定を組むことができますので、しっかりと準備ができますので支給日はいつなのかを書いていきます。

結論としては「すぐにはもらえません」。

このような公的なお金は支給がされるまでに時間がかかるというのがお決まりのようになっているようです。

出産手当金の支給日の平均は出産後3か月?

出産手当金は基本的に口座へ振り込みをされることになります。

また、産休中のお金であるため産休中にもらえると思っている方も多いですが、産休中にもらうことはできず支給までに時間がかかります。

調べてみるとおおむね出産後3か月から5か月ほどで受け取っている人が多いです。

加入をしている健康保険組合によっても異なるのですが、申請をしてから最短でも3か月後、平均は4か月後、遅くて5か月後という感じになっています。

保険組合に問い合わせたとしても、

・毎月15日までに支給申請書が受理された際、翌月の給料日に振り込み。

・申請後の審査が完了次第、7日間以内に指定の口座に振り込み。

と言われていますが「受理」や「審査の完了」などにかかる日数は不明な点が多いめ時間がかかるのは正直なところ。

通知に関しては出産手当金が振り込まれたときに、出産手当金支給決定通知書が保険組合より届き指定口座へ振り込みとなります。

これがいつまで経っても来ない場合は会社の担当者に一度問い合わせをしてみましょう。

出産手当金の支給期間

次に支給期間について書いていきましょう。

出産手当金の支給期間に関しては産前産後休暇の期間となっています。

そのため、出産前(産前期間)の42日間と出産後の翌日以降(産後期間)の56日までの範囲で支給をされます。

ちなみに出産日は産前期間に含まれますので理解をしておきましょう。

ただし、すべては予定日で換算をされていますので予定日よりも早く生まれてしまった場合にはその日数分は減額となりますし、出産予定日より遅れた場合には出産日を規定日として算出をされます。

出産手当金の支給金額

出産手当金の支給額について書いていきましょう。

出産手当金の支給をされる金額はあなたが仕事をしていた時の「日給×2/3×産休日数」で計算をされることになります。

日給とは標準報酬額を30日で割った金額を算出することとなりますね。

ちなみに標準報酬額じゃ4、5、6月の3か月分の月給の平均額で決められます。

月給とは健康保険料の計算と同じで基本給に残業手当、住宅手当なども含めた給料総額じのことですね。

例えば、標準報酬額月額が20万円ママが出産予定日通りに出産をして産休を98日間とるとなった場合の支給額を計算してみましょう。

日給:20万円÷30日=約6,667円

出産手当金日額:6,667円×2/3=4,445円

出産手当金支給額:4,445円×98日=435,610円となりますね。

多いか少ないかは個人的な感情がはいりますが、本来は0円のところを健康保険組合が出してくれるという点では大きなメリットであるといえます。

出産手当金の手続き方法と退職したらどうなる?パートは?

出産手当金の手続きについても書いていきましょう。

出産のお金関係はとにかく書類や手続きをなるものが多く手間もかかることがあります。

しかし、お金に直結をすることなので手続きはきちんとしておきたいものです。

出産手当金はかなり大きな金額となりますので抜けや漏れなく手続きをしておきましょう。

1,受給資格を勤務先に確認する(経理などが一番わかりやすいです)

2,勤務先で申請書を入手する。

3,出産する病院で必要事項を書いてもらう

4,産休後に勤務先に申請書を提出し、必要事項を書いてもらう

5,勤務先の経理などの健康保険担当者や健康保険窓口に提出

6,申請後2週間から2ヶ月後に支給

3の時点で病院にて書類を書いてもらうことが必要となりますので入院時もしくは退院時に書類をもらうと良いですが病院によっては証明書代としてお金が必要な場合があります。

また、産休中は赤ちゃんのお世話で忙しいく外出もままならないため会社が健康保険の窓口に提出をするのは大変ですので郵送でもよいかも確認をしておきましょう。

出産手当金は退職後にもらうことは可能?

退職後でも以下のポイントを知っておけばもらうことが可能です。

・1年以上継続して勤務している

・退職日から42日以内に出産予定日がある

・退職日の勤務はしない(有給休暇の使用)

上記の条件を満たしていれば出産手当金はもらえます。

ただし、健康保険は退職をした翌日に資格喪失日という扱いになりますのでその時点で産休に入っていないと支給対象外となりますので注意をしましょう。

パートは出産手当金をもらうことが可能?

正社員ではないので「出産手当金はもらえないのでは?」とあきらめている方は読んでください。

実はパートやアルバイトなどの非正規社員も社会保険を支払っていれば、出産のために会社を休み、その間に給与の支払いがなければ健康保険から出産手当金が振込をされます。

パートが出産手当金をもらう条件としては以下の3つをクリアすることです。

・健康保険など社会保険の被保険者の出産であること。

・産休中に給与が支払われないか、支払われる給与が出産手当金より少ないこと。

・妊娠4ヶ月(85日)以上の出産であること。

ただし、自営業などの国保は不可ですし、出産のために会社から産休をもらっていない場合にはもらませんので会社にきちんと確認をしてください。

勤務をして1年未満の方もお金をもらうことは可能ですが。会社によっては勤務をして1年未満の人は育休の取得ができない場合もありますので注意をしてください。

出産手当金はいつもらえる?条件と申請方法のまとめ

出産手当金はこれから出産をする人の強い味方となるお金です。

本来はお金がない期間も健康保険協会により支給をされるので出産後の育児にお金がかかるママとパパにとっては非常に強い味方となりえるものですね。

しかし、きちんと手続きをして申請をしなければもらえるお金ももらえないことになってしまいますので抜けや漏れがないようにきちんと申請をするようにしましょう。

もらえるお金は少しでももらって生活の足しにしていき、良い育児をしていきましょうね。

他にも役所でもらえるお金などもありますのでそちらも参考にしてみてください。

Taka代表

投稿者プロフィール

保育士と介護福祉士の資格を持っています。

【経歴】
保育介護の専門学校卒業 → 公立保育園の臨時職員 → 私立の民間保育園で現場の保育士 → 大手塾のインターナショナルスクール開園&マネージャー → 別会社のインターナショナルスクール園長&幼児教室教室長。

現場の保育士を8年経験をし、その後は認可外保育園であるインターナショナルスクールの開園や運営、管理職などをしてきました。

※幼児教室の教室長もしてきて小学校受験の指導&合格実績あり

保育コンサル、保育組織改善、子育て相談など子供関係の仕事やっています。

他にもアフィリエイトで実績があり、ブログ運営などにも精通しておりWordpressでホームページも作れますし子育て関係のライターもできます。

保育×子育て×WEBという3つの知識持っています。

https://banbi-no.com

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

「保育士ライフ」へお越しいただきありがとうございます。私、運営者のtakaです。

現在37歳で関西の奈良県に住んでおり、小学生の娘も2人いるお父さんで最近はキャンプにハマっています。

元男性保育士で認可保育園で働いた経験、認可外保育園の立ち上げ、集客、営業、管理職などもしてきた異色の保育士。

この保育士ライフでは保育士の情報はもちろん悩みの多い子育て、育児情報、関西のお出かけ情報など「子供」に関する情報を発信中!

また、ブログの収益化にも成功をしていますのでブログで稼ぎたい人の支援やホームページ作成などWEBと保育、子育て支援の仕事を中心にしています。

詳しい経歴はこちら

自己紹介

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る