ポイントカードおすすめ5選と貯め方のコツ!楽天とTポイントはどう?

ポイントカードのおすすめを紹介します。

財布の中にたくさん入っているという方も多いでしょう。

実は私もたくさんのポイントカードを持っている一人なのですが、たくさんのカードを持ちすぎていて「ポイントカードありますか?」と店員さんに聞かれたときに出てこないという問題があります。

なぜならば、あまりにも数がありすぎますし、財布へ入れると邪魔になってしまうためついつい外に出してしまったり、その時はたまたもっていなかったりしますよね。

しかも、賢い人ほどポイントカードを使ってポイントをためているものですし、うまく活用をしています。

この記事ではポイントカードについて書いています。

記事を読み終えることでおすすめのポイントカードや使い方、あなたが普段から使っているお店のポイントカードがわかります。



ポイントカードとは?共通カードが便利な理由

ポイントカードとは、買い物の際に提出をすることによりポイントがつくカードのことです。

お店によって異なりますが買い物をした現金の数パーセントのポイントが付く仕組みとなっているのが一般的です。

ポイントがたまればポイントカードが有効なお店で現金の代わりに使えたり、時には商品や景品と交換してくれたりするとても便利なものです。

そのお店限定のカードが昔は一般的でしたが、今は加盟をしている店舗で使える共通ポイントカードというものが一般的です。

楽天カードやTカード、PONTAカードは誰もが知っているカードですが、何枚も持つよりもポイントカードを使うお店を決めて買い物をするほうが効果的に貯められるメリットがありますのでぜひ共通ポイントを持つようにしてください。

共通ポイントカードのメリットは使える店舗が多い

共通ポイントカードはいろいろな店舗で使えるカーですので。複数の店舗でポイントを1枚のカードで貯められます。

各店舗ごとにカードを持たなくても1枚持っていれば使うのも自由になるという点は大きなメリットであるといえます。

共通ポイントカードをもっておけば、

・1枚で多くのお店をカバーできる。

・持ち歩くカードの量が減るので財布がすっきりする。

・ポイントを効率よく貯められ、たくさんのポイントを自由に使える。

共通ポイントカードを使うメリットといえますので、普段から持ち歩くならば共通ポイントカードを意識して使うお店の普段から使うカードが使えるお店を利用しましょう。

できれば財布の中もすっきりとさせたいと思いますので、最低限度の共通ポイントカードを入れておけば問題はないですね。

おすすめのポイントカード5選!共通カードはどこが良い?

ここからはおすすめのポイントカードを5つ紹介していきましょう。

どのポイントカードを選ぶのか迷うこともあると思いますが、一番選びやすい方法としては「普段使うお店が多いカード」です。

コンビニにしても自宅や学校職場の近くにあるコンビ二が必然的に一番使うことになりますので、その普段使いすることが最も多い可能性のあるカードを持ちましょう。

個人的には以下の5つだけは財布へ入れておけば、どこで買い物をしてもほぼカバーできると思います。

普段から使っているお店がわからないならば一度自分の行動を書き出してみるとよいですし、ポイントカードの紹介の欄に加盟をしている店舗の一覧も紹介をしています。

そちらも参考にしてください。

楽天ポイントカード【Rカード】

Rカードは楽天ポイントカードのことです。

ここ最近使える店舗がどんどん増えており、貯めたポイントはそのまま楽天市場で使えるというメリットがあります。

日常でも使えるという点でライバルであるTカードと変わらないくらいポイントが貯めやすいですし、どんどんと使える店舗が増加中です。

ここ数年で共通ポイントカードの状況が大きく変わるかもしれないと言われているくらい使えるお店が多いポイントカードです。

楽天カードのおすすめの使い方とメリット

・楽天市場の店舗で買い物を良くする人。

・自宅、学校、職場などの最寄りのコンビニがファミリマートである人。

・コーナンで日用品を購入している人。

・ビッグカメラ、ジョーシンで家電を購入することが多い人。

・ダイコクドラッグが近隣にある人。

・コスモ石油でガソリンをよく入れる人。

この辺りで買い物が多い方はRカードは持っておくべきカードといえます。

特にAmazonよりも楽天で購入することが多い方は購入を検討しましょう。

加盟店一覧
・楽天市場、楽天トラベル、楽天車検の楽天関係

・ファミリーマート

・コスモ石油

・ダイコクドラッグ

・マザーピア

・ケンコーコム薬局

・アルペン

・スポーツデポ

・ゴルフ5

・ビッグカメラ

・ジョーシン

・湘南美容クリニック

・日通

・アリさんマークの引越社

・サカイ引越センター

・ホワイト急便

・ライトオン

・大丸

・松坂屋

・くら寿司

・リンガーハット

・大戸屋

・マクドナルド

・ミスタードーナッツ

・温野菜系列

(引用:楽天カード公式ページ

一部を記載しましたが、おそらくこの数年でTポイントカードをしのぐ共通ポイントカードになる可能性を秘めているといえます。

飲食はもちろん、美容、日用品など幅広い店舗で使えるという点は最大の魅力といえますね。

Tポイントカード

共通ポイントカードの王者といえば、このTポイントカードになります。

全国に使える場所があり、加盟店だけではなくネットでも導入が可能であることからポイントを使ったり、貯めたりすることができますね。

また、ポイントも100円で1ポイントは貯まり、1ポイント1円で使うことができるため非常にポイントもためやすいです。

私はソフトバンクと提携しているため、それでもポイントを貯められるので知らない間にたくさんたまっているというこもある必ず持っておきたいポイントカードです。

Tカードのおすすめの使い方とメリット

特に以下の店舗で使うことが多い人はTポイントカードは持っておくべきです。

・TSUTAYA(ツタヤ)を利用する人。

・家、職場、学校などの近くのコンビニがファミリーマートの人。

・旦那さんや奥さんがスーツを購入する際に青山を使っている。

・エネオスでガソリンを入れている。

・スマホのキャリアはソフトバンク。

・Yahoo!ショッピングを利用することが多い人。

私はソフトバンクのスマホをつかっていますので、Tカードとの連携は必ずしています。

スマホの支払いは毎月の大きく毎月数百ポイントが貯まりますので、いつも2000円くらいの買い物を無料でしています。

もし、ソフトバンクを使っているならば間違いなく活用すし、Tポイントは共通ポイントカードの中でも提携数の数がとにかく多いです。

一日お出かけをしていれば必ずポイントを使えるお店に出会いますので必ず持っておきましょう。

Tカードの加盟店一覧
・ツタヤ

・ファミリーマート

・カメラのキタムラ(スタジオマリオ)

・ニッセン

・洋服の青山

・コンタクトのアイシティ

・Yahoo!ショッピング

・ドトール

・エクセルシオールカフェ

・牛角

・ガスト

・バーミヤン

・ジョナサン

・エネオス

・ニッポンレンタカー

・ウェルシア

・エディオン

まだまだ一部の店舗ですが、本当の驚くほど提携をしている先がありますのでどのポイントカードを持っておくのか迷ったら絶対にもっておくべき1枚といえます。

(引用:Tポイントカード公式ページ

nanako(ナナコ)カード

次の紹介をしたいのはナナコカードです。

nanakoポイントカードのすごい点はポイントカードとしてだけではなく電子マネーとして使えるという点であり、入金をすれば使えるカードですので1枚持っておけば買い物もポイントも貯められるメリットがあります。

ナナコも100円で1ポイントたまりますので知らない間にポイントがたまっているということもありますね。

チャージ機能がついているという点もナナコカードの魅力といえます。

nanacoカードのおすすめの使い方とメリット

ナナコカードの使い方とメリットについて書いていきましょう。

・イトーヨーカドーの店舗やネットスーパーでの買い物が多い方。

・・家、職場、学校などの近くのコンビニがセブンイレブンの人。

・アカチャンホンポでベビーグッズをまとめ買いする人。

・車のガソリンはエッソ、モービル、ゼネラルで入れることが多い人。

特にネットスーパーのイトーヨーカドーを使う人やセブンイレブンを使う人にとってはメリットの高いポイントカードといえます。

また、セブンイレブンならばチャージとポイントの両面からメリットのあるものとなりますので活用をしてみましょう。

nanacoカードの加盟店一覧
・セブンイレブン

・イトーヨーカドー

・デニーズ

・アカチャンホンポ

・ロフト

・ラウンドワン

・ミスタードーナツ

・カクヤス

・SOGO

・SEIBU

・サンドラッグ

・スギ薬局

・かっぱ寿司

・マクドナルド

・coco壱番屋

・ミスタードーナッツ

・エッソ

・モービル

こちらも一部の紹介となりますが、普段使いできるお店が多いため、普段からナナコポイントを貯めるためにあえてそのお店へ出向くという方法もありだといえます。

うまく活用してポイントアップを狙いたいですね。

また、子育て中の方にとってはアカチャンホンポで使える点はメリットです。

出産に向けてベビーカーや服、オムツなどまとめ買いするとポイントを溜まりますのでメリットが高いでしょう。

(引用:nanacoカード公式ページ

ponta(ポンタ)カード

次に紹介をするのはローソンで使えるポンタカードです。

たぬきのマークが印象的なカードですがTカードやナナコカードと比べると知名度は劣りますが、それでも使えるドコモなど有名店舗でも使えるものとなっていますので使いやすいカードです。

100円につき1ポイントたまりますので、コツコツとためていきましょう。

pontaカードのおすすめの使い方とメリット

ポンタカードの使い方は以下のとおり。

・家、学校、職場から一番近いコンビ二はローソンで普段使いできる。

・スーツをAOKIで購入することがある。

・家電のコジマをよく利用する。

・ケンタッキーで食べることが多い。

・GEOでレンタルや物を購入することがある。

この辺りや加盟店のお店を使うことが多い方にとってはメリットの高いものとなります。

加盟店も参考にしていただければ意外と身近なお店は多いのでうまく活用してみましょう。

加盟店一覧
・ローソン

・ライフ

・HMV

・AOKI

・フレッツ光

・コジマ

・大戸屋

・ケンタッキーフライドチキン

・和民

・昭和シェル石油

・日産レンタカー

・HIS

・じゃらん

・ホットペッパーグルメ

・オリックスレンタカー

(引用:ポンタカード公式ぺージ

dカード

ここ数年で一気に出てきた共通ポイントカードです。

dカードのdはdocomo(ドコモ)のカードとなっており、スーパーやコンビニな日常のお店でも貯められるメリットがあるお店となっています。

おすすめの使い方とメリット

・dマーケットのサービスを普段使いしている人。

・dfashionを普段から使っている人。

・Amazon、メルカリなどをよく使う人。

・自宅、学校、職場の最寄りのコンビニがローソンの人。

・無印良品を良く使う人。

・マツモトキヨシで買い物をすることが多い人。

使える店舗はどんどんと増えていますし、ドコモではない人でもカードは持てますのでメリットが高いです。

加盟店一覧
・ローソン

・マクドナルド

・マツモトキヨシ

・ジョーシン

・高島屋

・AOKI

・ライフ

・東急ハンズ

・イオンシネマ

・タワーレコード

・かっぱ寿司

・梅の花

・Amazon

・メルカリ

・無印良品ネットストア

(引用:dポイントカード公式ページ

dカードもどんどんと使える店舗が増加しているため、使いやすいです。

Rカード同様に今後は目が離せないポイントカードといえますね。

ポイントを貯めるコツ!4つのカードの賢い使い方

ここまではポイントカードのついて書いてきました。

カードは世の中の山ほどありますが、結局は活用しなければ意味もありませんので、普段から共通カードを持ち歩くようにしておきましょう。

一日たったの1ポイントでも1年で365ポイントが溜まりますので賢く使っていきたいものです。

また、ポイントカードを使う際に大事なことは「使い方」です。

うまく使っていくことで賢くポイントを貯められますので、以下の方法をぜひ試してみましょう。

クレジットカードでポイントを2倍獲得

ポイントを貯めることにより活用できるカードですが、実はお得にポイントを獲得する方法があります。

それはポイントカードのクレジットカードをつけることです。

お店でポイントカード付クレジットカードを使うことにより、クレジットカードのポイントもつきますし、ポイントカードのポイントも付きます。

つまり、ポイントが2重でつけられるのでかなりお得です。

一度の買い物でポイントがたくさんつけられますのでメリットも高いですが、中にはそれができないクレジットカードもありますのでクレジットカードを作る際には注意をしてください。

ポイントカードが使えるお店で買い物をする

共通のポイントカードを利用する話をしましたが、ほかにもポイントを貯めるコツがあります。

それは普段から貯めるポイントカードを決めて、そのカードが使えるお店で買い物をする癖をつけるというものです。

例えば、Tカードを普段から使うのならばコンビニは「ファミマ」、ネットショッピングは「Yahoo!ショッピング」など徹底してみると良いです。

実はポイントカードが溜まる人とたまらない人の差がこの部分が大きく、普段からポイントを貯めるためにお店を選んでいるのかは重要です。

コンビニも気分で、ネットショッピングは日によるなんてことをしていてはカードによってポイントもバラバラになってしまいます。

それを避けるためにも使うカードを決めて徹底して使うようにしましょう。

キャンペーンを利用する

ポイントカードはキャンペーンをしていることがあります。

楽天カードだと買い物でポイント2倍やなどキャンペーンがあったり、ゲームで当たれば100ポイントなど共通カードは自社のカードを使ってもらおうとあの手この手でポイントを還元しています。

ポイントを貯めるためにはこれを使わない手はありませんので、キャンペーンはカードを積極的に使いましょう

例えば、楽天カードがキャンペーンの時にダイコク薬局で消耗品をまとめ買いするなどすればポイントも2倍付きますのでお得です。

コツコツ継続して貯める

ポイントカードはいきなり貯めることはありません。

コツコツと貯めていくことが大事です。

上記の3つの方法を実践して買い物をするたびに上記のことをすれば知らない間にポイントが溜まっています。

「ちりも積もれば山となる」という言葉の通り溜まっていきますので毎日コツコツと貯めていきましょう。

ポイントカードおすすめと使い方のコツのまとめ

ポイントカードについていろいろと書いてきました。

もちろん一回で大きなポイントがたまるわけではないのですが、コツコツ貯めていくとちりも積もれば山となるという言葉がある通りポイントは貯まっていきますね。

貯まった分を買い物などに使うとよいですし、商品に交換したりお得に使えます。

特に注目はコンビニで、ファミリーマートは2019年からTカード、Rカード、dポイントの3つの導入を決めています。

つまり、3つの共通ポイントカードが使える唯一のコンビニとなりえますので、今後がファミリーマートが最も使いやすいコンビニと言えるかもしれませんね。

さらにローソンもポンタカードとdカードなどコンビニを使う場合にはカードが手放せないですので、今後はさらにポイントカードの導入も激化しそうです。

Taka代表

投稿者プロフィール

保育士と介護福祉士の資格を持っています。

【経歴】
保育介護の専門学校卒業 → 公立保育園の臨時職員 → 私立の民間保育園で現場の保育士 → 大手塾のインターナショナルスクール開園&マネージャー → 別会社のインターナショナルスクール園長&幼児教室教室長。

現場の保育士を8年経験をし、その後は認可外保育園であるインターナショナルスクールの開園や運営、管理職などをしてきました。

※幼児教室の教室長もしてきて小学校受験の指導&合格実績あり

保育コンサル、保育組織改善、子育て相談など子供関係の仕事やっています。

他にもアフィリエイトで実績があり、ブログ運営などにも精通しておりWordpressでホームページも作れますし子育て関係のライターもできます。

保育×子育て×WEBという3つの知識持っています。

https://banbi-no.com

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

「保育士ライフ」へお越しいただきありがとうございます。私、運営者のtakaです。

現在37歳で関西の奈良県に住んでおり、小学生の娘も2人いるお父さんで最近はキャンプにハマっています。

元男性保育士で認可保育園で働いた経験、認可外保育園の立ち上げ、集客、営業、管理職などもしてきた異色の保育士。

この保育士ライフでは保育士の情報はもちろん悩みの多い子育て、育児情報、関西のお出かけ情報など「子供」に関する情報を発信中!

また、ブログの収益化にも成功をしていますのでブログで稼ぎたい人の支援やホームページ作成などWEBと保育、子育て支援の仕事を中心にしています。

詳しい経歴はこちら

自己紹介

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る