賢いお母さん・お父さんは使ってる 育児におすすめのスマホアプリ10本

私自身は便利な世の中になったと喜んでいますが、良くも悪くも、スマホは私達の暮らしの中では、すっかり「無くてはならないもの」になったと思います。

スマホを否定する声も多く耳にする昨今ですが、

どうせなら上手にスマホアプリを活用して、育児、子育てを上手に楽しくするために、

どんどん活用するべきだと私などは思うのですが如何でしょうか?

 
スポンサードリンク
 
   

育児・知育に役立つアプリ?

アプリって何?

知らない方の為に簡単に説明すると、アプリはアプリケーションの略で、スマホの中に自分好みのアプリをダウンロードして、

携帯電話が色んな用途に使える、自分だけの電話、それがスマホです。

スマホを使っている皆さんは、既にご存知かと思いますが、子供の為のアプリ、子育てをするお母さん・お父さんの為のアプリが数多くリリースされています。

例えば、

・子供の知育に役立つアプリ

・子供の遊びになるアプリ

・子供のしつけに役立つアプリ

・子供の困ったを解決するアプリ

本当に色んなアプリがあるものです。

例えば、子供が夜中に熱を出した時。そんな時にオロオロせずに対処するのに役立つアプリがあります。

今度の遠足のお弁当をどうしよう?

ご近所のスーパーの安売りチラシをチェック!

聞き分けの無いお子さんへの最終手段は鬼から電話をかけて貰います。

ほんの少しの間だけ、YouTube見てて頂戴!!

スマホ一台でこんなことが全て出来ちゃうなんて、なんて便利になったんでしょう、と思わずには居られません

お母さん・お父さんの為のアプリ

今回紹介するのは、お母さん(お父さん)の為の便利アプリ10選です!

1.ノハナ(nohana)

<クリックで拡大>

毎月一冊のフォトブックが無料でもらえるサービスです。

一冊は無料で、二冊目以降は540円、自宅保存用と両親にプレゼントする用にと、簡単に作れるので、重宝するアプリです。

2.育児手帳

<クリックで拡大>

ドクターや専門家監修の3才までの子育て・赤ちゃんの成長を学べる無料アプリです。

病院のドクターや友人にすすめられ使ってみましたが、スマホだとさっとアクセスして使えるので、助かりますね。

3.病院チェッカー

<クリックで拡大>

自宅にいれば、ある程度は緊急時の病院も対処出来るかと思いますが、

外出時、旅行中に病院の場所を素早く検索出来るアプリは意外とお役にたつものだと、

これは子供ではなく、両親との旅行中に役にたったという、、、

4.ルナルナ

<クリックで拡大>

体調管理に妊活に、女性の身体の情報が詰まった生理日管理アプリがルナルナです。

5.予防接種スケジューラー

<クリックで拡大>

 
スポンサードリンク
 
   

小児科が推奨する定番の予防接種のスケジュールを管理することが出来ます。

シンプルで使いやすくて便利ですね。

6.パパタイムズ

<クリックで拡大>

育児キュレーションアプリとして大人気の「ママタイムズ」のパパ版がこの「パパタイムズ」。

子供の年齢に沿った耳寄り育児情報を無料配信。

絶賛利用中の旦那様によれば、なかなか使い勝手も良く面白いとのことです。

7.みんなのお弁当 by クックパッド

<クリックで拡大>

我が家では、子供だけではなく旦那様のお弁当も毎日の私のお仕事なので、このアプリはとても参考になります。

料理レシピといえば信頼のクックパッドですね。

8.Shufoo!(シュフー)

<クリックで拡大>

スーパーのチラシアプリがこのシュフー。

インターネットで情報はなんでも入手出来てしまうので、新聞を止めて久しく、不便に思ったのは主婦の見方、

スーパーのチラシを見ることが出来ない!

そんな悩みもこのアプリで解決です。

全国10万店舗以上のチラシをチェック出来るので、ご近所のスーパーは全部網羅されているという嬉しさ。

チラシを見るだけでポイントが貯まり、さらに、前日の夜に翌日分のチェックが出来るというのもポイント高いです。

9.手作り離乳食

<クリックで拡大>

離乳食としてはよろしく無いものなど、とにかく眺めているだけでも勉強になるこのアプリには、随分と助けられました。

離乳食系だと「ステップ離乳食」というアプリも良いですよ。

10.鬼から電話

<クリックで拡大>

シリーズ累計1000万ダウンロードの、困った時の鬼頼みな鉄板アプリ!

鬼に怯える息子の可愛い姿を見たくて、ついつい何度も使ってしまいます。

スマホアプリのデメリット

いかがでしたか?実際に自分自身が使ってみて「これは面白い!」「便利だ!」と思うアプリばかりを紹介したつもりです。

とは言っても、幾らスマホが便利だとはいえ、ともすれば、なんでもかんでもスマホにお任せと、依存して振り回されてしまうのは違うということは、言われなくてもお判りですよね。

お子さんは、いつも、スマホを触っているお母さん・お父さんと遊んで欲しい、お話がしたいと思ってるに違いありません。

今は、子どもたちのスマホ中毒が指摘される時代です。視力の低下、コミュニケーション能力の低下など、スマホアプリの依存によるデメリットが幾つも報告されているのも本当です。

コミュニケーション能力の低下というのは、私達お母さん・お父さんにもあてはまることだとも言われています。

私などは、ドキリとすることが多い指摘ですが、それはそれ、上手に大いにスマホとはお付き合いするつもりです♪

 
スポンサードリンク
 
   

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2017年 11月 25日

最近の投稿

運営者情報

「保育ライフ」へお越しいただきありがとうございます。

私、運営者のtakaと申します。

元現場の男性保育士で認可保育園はもちろん、認可外保育園の立ち上げ、集客などもしてきた異色の保育士です。

現在36歳、娘も2人います。

保育士の仕事って大変だけど特殊な世界なので世の中にもっと伝えたいと思いこのサイトを始めました。

詳しい経歴はこちら

自己紹介

ページ上部へ戻る