保育園発表会の歌と劇 ダンスの年齢別アイデア!ねらいと衣装を解説

保育園の発表会は一年の中でも大きなイベントですね。

実は保育園の二大行事の1つとして保護者が楽しみにしている行事で、内容は保育園によって異なるのですがかなり楽しめる内容となっています。

そんな発表会ですが保育士にとっての悩みは「どんな内容にしよう」「どんなねらいにしよう」という考えですね。

この記事では保育園の発表会について書いていきます。

記事を読み終えることで保育園の発表会のねらいや目的、年齢別の歌と劇のアイデアがわかります。



保育園の生活発表会とは?ねらいと目的を解説

保育園の発表会とはどんなものなのでしょうか?

保育園の生活発表会と保育園で行われる運動会と並ぶ二大行事です。

他にもクリスマス会、お別れ会、遠足などさまざまな行事がありますが、生活発表会は主に冬に開催をされるイベントです。

子供達が歌をうたう、楽器で演奏をする、踊りを披露する、ダンスをするなど園の伝統的なものを披露する場としても大事な行事ですね。

保護者にとっては一年間の子供の成長を見れる楽しい行事ですし、保育士にとっては準備も内容もとても苦労をするものですが一年間の集大成として発表をする人気のイベントです。

発表会のねらいと目的

この発表会を開催するねらいとしては「子供の成長を見てもらう」「できるようになったことを一緒に喜ぶ」「保育園の保護者満足」「保育士にとって一年の集大成」といったものがあります。

あとは各園によってテーマにそった狙いとする場合もありますね。

しかし、ねらいは上記のようになっていますがあくまでも主役は子供なので子供を主体としたねらいもあります・

発表会の練習や発表を通して協調性や達成感を味わう大事な行事となっており、保育士も子供達も普段とは違った保育をすることになり大変ですが終わった後の結束力は素晴らしいものがあります。

あくまでも主役は「子供」なので無理をせず指導をしてあげてください。

どんなことをするのか?

内容は園によって様々です。

基本的なものとしては「劇」「歌」「ダンス」「和太鼓」「合奏」などが主なスタイルですね。

他にも乳児だと手遊びなどを披露をすることがあります。

年齢によってできることも様々ですし、見せる部分もありますので保育園の考えと一年間組み立ててきた保育の集大成を見せましょう。

合奏は5歳児の年長で取り入れるところが多く、保育園の園歌やその年に流行った曲を披露したりすることもあります。

保育園の発表会の劇と歌の年齢別ねらい

次に保育士さんが悩む保育園の発表会の年齢別アイデアを紹介していきます。

私も保育士としてきて0歳児以外の1歳児~5歳児まですべて自分でアイデアを出して取り組んできました。

難しいポイントもありましたし、苦労をしてきた経験もありますが終わった後の達成感というものは今でも忘れられませんし、苦労をした結果が報われるとうれしいものです。

アイデアを参考に先生らしさを出せるものにしてあげてください。

劇の年齢別ねらいとは

劇は生活の中で行われることを取り入れてみると楽しめる内容となります。

例えば、年齢によって劇の方法や年齢にあった作品にするのはもちろんですがセリフのやり取り、先生が前に出るのかなども変化をつけて成長の差をつけてみましょう。

劇の時間は0~2歳児は10~15分程度、3歳児以降は20分程度が目安の時間となります。

0~1歳児:子供の好きな絵本の読み聞かせやお返事、手遊び、簡単な楽器遊びなど

2歳児:保育士も一緒に舞台に出て子供たちとの言葉のやり取り。

3歳児~5歳児:絵本や紙芝居を題材にストーリー性のある劇。

歌の年齢別のねらい

歌も年齢的にできることとできないことがあります。

そのため、普段の生活の中で取り入れているもの、できるようになったことを取り入れてみると良いです。

3歳児以降の年少になれば先生のピアノに合わせて歌を合唱したり、元気に歌を歌ったりして楽しむと良いですし5歳児ならば様々な楽器を使って演奏をさせたいですね。

0~1歳児:歌を歌える子は歌う、歌えない赤ちゃんには楽器(鈴、マラカス)などで音を鳴らす楽しさを味わう。

2歳児:歌を一生懸命歌ったり、鈴、マラカスなどの簡単な楽器で1、2のリズムで楽しむ。

3歳児:簡単な合唱や、リズム打ち、踊りなど。

4歳児~5歳児:鍵盤ハーモニカ、タンバリン、鈴や木琴、鉄琴、大太鼓などを使った合唱や合奏など。

発表会の劇遊びの年齢別アイデア

次に劇遊びのアイデアを書いていきましょう。

どんな内容にしようか考えるとなかなか難しいですし、良い内容だとおもってもうまく行かないこともあります。

そんなときにここに書いている内容を参考にして下さい。

0歳児~1歳児の劇遊び

0歳児~1歳児の劇遊びですがこの時期の子供は月齢差も広くできることも限られてしまいます。

そのため、0歳児と1歳児で学年別に少し差をつける程度となりますが子供のできるようになったことを見せてみましょう。

名前呼び

0歳児の場合はお名前を先生が読んで「はーい」と見せるだけでも十分可愛いです。

手を上にあげて返事をするだけでも0歳児は「かわいい」と言う点が最大のメリットなので問題はありません。

その時に可愛い衣装を着ているとより良く見えます。

絵本の読み聞かせ

大型絵本を使って親には内容を見せながら絵本の読み聞かせをするとよいです。

また、その絵本にそって子供たちが動くとかわいいddせうね。

例えば「電車にのって」の絵本でいろいろな動物が出てくる。「だるまさんシリーズ」でどてっとこけてみる。「たまごの赤ちゃん」でいろいろな動物に変身をするなどするととてもかわいいです。

手遊び

1歳児は先生と一緒に手遊びを見せてみる良いです。

定番は「とんとんとんとんアンパンマン(こぶじいさん)」「あたまかたひざぽん」「パンダうさきコアラ」「グーちょきぱーでなにつくろう」などあまり難しいものはダメです。

日ごろから子供が好きな手遊びを1年通してやってみて一番好みのものをしてみましょう。

帽子をかぶる

これは1歳児におすすめです。

保育園へ行くと戸外に出るために必ず帽子をかぶりりますので発表会までに全員が自分でかぶれるようにしてみましょう。

例えば「先生と帽子をかぶっておでかけしよう」という掛け声で子供達と一緒にさんぽの歌を歌って歩くというアイデアがあります。

「帽子をかぶる」という一つできるようになる姿を見せられます。

2歳児の劇遊び

2歳児になると言葉が出てくる時期ですので、保育士が補助となり言葉のやり取りを楽しむ劇は最適です。

先生も一緒になって劇中に登場をし子供たちと一緒に楽しめる内容にしましょう。

2歳で発表会をするときに保護者から好評だったのは生活の一部であるズボンをはいたり、靴下を履いたりする着脱の場面を見せたことです。

最後まで一生懸命頑張っている姿はとても良いですよ。

オオカミを七ひきの子ヤギ

オオカミとヤギのお母さんと先生がして、ヤギの子を子供たちが演じれば立派なオオカミと七ひきのヤギの出来上がりです。

「とんとんとん」「何の音?」のやりとりで言葉のやり取りも楽しめる劇です。

大きなかぶ

おじいさんを先生がして、おばあさん、むすめ、犬、猫などを子供が演じます。

「うんとこしょ」「どっこいしょ」を子供たちが言葉で言えばとてもかわいい内容になります。

3歳児~4歳児の劇遊び

この時期は言葉のやり取りが楽しめる劇が楽しいです。

ただし、複雑な言葉のやり取りは難しいので一人一言程度をつけて話すと良いです。

どうぞのいす

たくさんの動物が登場し、言葉のやりとりも繰り返しが多いため子供達が言える内容です。

3歳児に最適な内容となっていますね。

赤ずきん

赤ずきんは定番の劇です。

1役に3名くらいでセリフを分割して言うなど工夫をすればよいです。

登場人物に対して子供の複数人にして言葉のやりとりを楽しんでみましょう。

うらしま太郎

私は4歳児で浦島太郎をしました。

浦島太郎の物語はわかりやすく、子供達も理解しやすいですしそこまで難しい言葉が出てくるわけでもないので楽しめます。

最後の煙がでてきてお爺さんになる姿が一番の見せどころなのでぜひチャレンジしてみましょう。

(※ドライアイスで失敗経験あります。理由は煙は下を這うから・・・)

ヘンゼルとグレーテル

ヘンゼルとグレーテルも物語としてわかりやすく、魔女が釜に落とされる場面が最大の見せどころです。

お菓子の家も可愛いので女の子に人気の劇と言えるでしょう。

5歳児の劇遊び

5歳児になると担任の好みと子供達で決められます。

スケールの大きな物語一人ずつが役を演じて言葉をしっかりと言えるようにすると良いです。

5歳児だとオズの魔法使い、ももたろう、アラジンと魔法のランプ、竹取物語、かさ地蔵、王様の耳はロバの耳、不思議の国のアリスなど有名な作品を演じてみると子供も楽しい内容です。

衣装は手作り?どうするの?

衣装は保育園によって大きく考えも異なります。

保護者が手作りをする、保育園の先生が手作りをする、保育園にある衣装を使う、ビニール袋などを使うなどやり方は保育園の考えによって大きく異なります。

保育園の園長先生の考えに従っていけばよいですが、私は今まですべて園で用意をしています。

保育園は働いているママとパパが多いため負担をかけられないからですね。

→ 保育園の運動会の種目と年齢別アイデア!ねらいと親子競技も紹介

発表会の歌遊びの年齢別アイデア!ダンスも取り入れても◎

次に発表会の歌遊びについて書いていきます。

発表会の歌は子供達と日ごろ歌っている歌をするのが一番良いです。

保育園によっては発表会のために一生懸命練習をするところもありますが、私も経験上子供たちの歌遊びは日ごろから歌っているものをしてあげるほうが良いですね。

0歳児~1歳児

0歳児は歌うことは難しいです。

それは発達的なものがありすぐにはできない点もありますので、鈴などの学期を渡して保育士が歌うのが定番です。

1歳児になると簡単な歌ならば歌えるようになりますので、歌いやすい簡単な歌を用意しましょう。

・どんぐりころころ

・おもちゃのちゃちゃちゃ

・アイアイ

・おはようの歌

・ぞうさん

・てをたたきましょう

・しあわせなら手をたたこう

この辺りは手拍子や一緒に歌うなどの場合も楽しめますので、おすすめです。

ヤクルトカップやペットボトルの空き箱の中に豆やビーズなどを入れて音を鳴らしても良いでしょう。

2歳児

2歳児になると1歳児とくらべて簡単な歌を言葉としてしっかりと発音できるようになります。

そのため、少し難しい歌は歌えるようになりますが、音程はそこまで取れませんので、みんなでワイワイ歌えるようなものを用意してあげましょう。

・むすんでひらいて

・おおきな栗の木の下で

・とんとんとんとんひげじいさん

・おばけなんてないさ

・あたまかたひざぽん

・やまの音楽家

タンバリンや鈴など簡単な楽器を使って音を鳴らしてみると楽しめます。

楽器遊びと歌を組み合わせてみると良いでしょう。

3歳児~4歳児

歌だけではなく、ダンスのこの年齢ならば取り入れることができます。

歌って、踊って楽しめる曲を選ぶと子供も楽しいのでおすすめですね。

手遊びを歌として披露をすると2歳のころとは違った雰囲気になりますので、そんな風にしても良いです。

・お弁当の歌(振付)

・パン屋のおかいもの

・「ホ・ホ・ホ」

・バナナのおやこ

・ドロップスの歌

・ミックスジュースのうた

他にもダンスをするならば「恋ダンス」「パプリカ」など話題の曲を取り入れても良いです。

楽器もタンバリンやカスタネットでリズム遊びをしても良いです。

5歳児

保育園の集大成である5歳児の場合には音程や抑揚なども付けられるため、強弱が表現できる曲やリズムの早い曲を選んでみましょう。

練習のときには抑揚も大事ですし、歌詞の意味を伝えるのも大事なポイントになります。

・ともだちは良いもんだ

・さあぼうけんだ

・やさしいうた

・世界がひとつになるまで

・きみのこえ

ダンスや踊りとなると定番は「キッズソーラン」ですが、ほかにも和太鼓を使うなど見た目もよいものが多いですね。

先生たちも出し物をするの?

また、保育園にもよりますが先生たちの出し物も用意をされている園もあります。

私は「チムチムチェリー」を踊ったこともありますし、先生たちだけで劇をしたこともあります。

先生たちがは子供達がかえってから、残って練習をするのですが子供達も頑張っている分先生たちも頑張っている姿を見せることができると良い刺激になります。

実は先生たちの出し物は保護者から好評なことも多いのでぜひ試してあげてください。

保育園発表会の年齢別アイデアとねらいのまとめ

保育園の発表会の年齢別アイデアについて書いてきました。

保育園によって生活発表会ですることは様々ですが、子供の成長を保護者に見せられる良い機会となります。

子供たちが1年間で成長をした姿を見せられる良い機会となりますので先生たちも大変ですが、1年間の保育の集大成として見せてあげてほしいですね。

私の保育園は毎年2月中旬だったのでお正月に台本を作って1月から一気に練習をするというものでした。

とても苦労しましたが終わったあとの達成感は爽快ですので、当日へ向けてコツコツ積み上げていきましょう。

Taka代表

投稿者プロフィール

保育士と介護福祉士の資格を持っています。

【経歴】
保育介護の専門学校卒業 → 公立保育園の臨時職員 → 私立の民間保育園で現場の保育士 → 大手塾のインターナショナルスクール開園&マネージャー → 別会社のインターナショナルスクール園長&幼児教室教室長。

現場の保育士を8年経験をし、その後は認可外保育園であるインターナショナルスクールの開園や運営、管理職などをしてきました。

※幼児教室の教室長もしてきて小学校受験の指導&合格実績あり

保育コンサル、保育組織改善、子育て相談など子供関係の仕事やっています。

他にもアフィリエイトで実績があり、ブログ運営などにも精通しておりWordpressでホームページも作れますし子育て関係のライターもできます。

保育×子育て×WEBという3つの知識持っています。

https://banbi-no.com

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

「保育士ライフ」へお越しいただきありがとうございます。私、運営者のtakaです。

現在37歳で関西の奈良県に住んでおり、小学生の娘も2人いるお父さんで最近はキャンプにハマっています。

元男性保育士で認可保育園で働いた経験、認可外保育園の立ち上げ、集客、営業、管理職などもしてきた異色の保育士。

この保育士ライフでは保育士の情報はもちろん悩みの多い子育て、育児情報、関西のお出かけ情報など「子供」に関する情報を発信中!

また、ブログの収益化にも成功をしていますのでブログで稼ぎたい人の支援やホームページ作成などWEBと保育、子育て支援の仕事を中心にしています。

詳しい経歴はこちら

自己紹介

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る