2020年英語教育改革で日本の小学校の勉強と大学入試に変化はなぜ?

2020年の英語教育改革をしっていますか?

実は日本の英語教育の内容が大きく変わるのです。

なぜならば、日本人の英語能力はあまりにも低いことから問題となっており文法とライティングはできたとしても会話をすること、聞くことが苦手と言う人が大半で外国人とコミュニケーションを図るためのものになっていなかったからです。

そのため、これからの子供達は英語が使えて当たり前、自由に世界の人と会話ができて当たり前という時代のために教育改革がおkルのです。

この記事では2020年の英語教育改革について書いています。

記事を読み終えることで2020年の英語教育の改定内容や英語の学び方、今後の受験へどのように影響をするのかがわかります。

※インターナショナルスクール園長が子供の英語教育の実体験もふまえて書いていきます。



2020年英語教育改革で日本の小学校の勉強と大学入試に変化はなぜ?

2020年より日本の英語教育が改革されます。

何が変わるのかというと、今の子供達の英語教育が低年齢化され小学校から通知表に評価が付くようになるです。

例えば、今の英語教育は5、6年生から始まるのですがそれが3、4年生から始まるようになります。

また内容もスライドする形となり小学校5、6年生で学ぶ内容を小学校3、4年生で。中学校で学ぶ内容を小学校5、6年生で。高校で学ぶ英語を中学生でとより高度な英語を学ぶことになります。

あとは中学校の英語の授業は基本的に英語で行われるようになり、日本の英語教育の偏った「読む」「書く」だけだった試験内容から「話す」「聞く」も加えられる4技能を求められることになります。

つまり、子供にとっても英語能力の獲得は必須ですしより求められることになります。

5、6年生になると成績もつくことになりますので英語は早い段階から教えておく方が良いでしょう。

日本の英語教育の問題点【2020年に改革が行われる理由】

日本が2020年になり急に英語教育の改革を行うのかというと今の日本の英語教育に大きな問題があるためです。

日本は中学校から本格的に英語教育が始まる現状がありますが、そこで英会話をすることができない現状があります。

なぜならば、文法を意識しすぎる、英語の先生の発音が日本語英語、聞く機会話す機会が少ないなど実際の英語に準じて指導がされてないことが大きな問題なのです。

また、受験英語にフォーカスをされているため話をできなかったとしても問題が解けて点数が取れればよいという考えになってしまうため英会話にならないのです。

そのため、今後の日本の英語教育は低年齢化と「話す」「聞く」「書く」「読む」の4項目から英語を学べるように進めていき国際社会でも活躍できる人材を育てるのが目的です。

では、2020年の英語教育改革でどのように変わるのかを紹介していきましょう。

2020年の英語教育改革の概要!小学校から必修化が開始【中学は?】

実はいきなり2020年から英語教育が始まるのではなく、2018年より段階的に英語教育が始まっており2020年より本格的に開始をします。

これは教育に関するトップである文部科学省が決めたことでグローバル化が進んでいる国際社会の中で日本人の英語力の向上は必須な項目だと判断をしました。

将来を生きていく子供たちにとって英語は極めて重要な考えてあるという観点から「アジアトップの英語力を目指す」という視点で英語教育にテコがはいったのが2020年英語教育の始まりです。

東京オリンピックとパラリンピックが2020年に開催をされることから小学校だけではなく中学校、高校を通じた英語教育の改革がなされます。

その中でも特に英語のコミュニケーション能力の育成に関しては改善を加速していきたいという思いとがあるのです。

今までは小学校5、6年生で英語の基礎の基礎を学び、その後は中学校へ移行をしていくという流れでした。

しかし、今後は小学校3、4年生から開始をし、その先の中学校と高校の英語教育にもどのようにつながっていくのです。

(参考:文部科学省「今後の英語教育の改善・充実方策について 報告~グローバル化に対応した英語教育改革の五つの提言~」)

小学校3~4年生の英語教育の概要

教育改革により小学校3年生より本格的に英語教育が開始となります。

2020年からは年間に35時間が義務化されます。ちなみに年間35時間というのが週に1回英語の授業があるというイメージなので時間数としては少ない印象です。

内容は今まで小学校5~6年生が学んでいた内容をスライドさせることとなり、小学校3年生は現在の5年生、小学校4年生は現在の6年生が行っている外国語活動という体験型の学習を行うことになります。

外国語活動とは「英語を楽しむ、親しむ」と言うことが基本の授業なので「英語に触れる」スタートの部分の教育が主となります。

日本人に圧倒的に多い「英語が怖い」「苦手」という拒否反応を防ぐ目的で進めいく授業で子供達も英語を親しみやすい内容となっています。

授業の内容は「自己紹介で名前を言う」「英語の聞くことに慣れる」「英語で話すことを楽しむ」「英語のリズムなどに慣れ親しむ」など英語という言語のスタートを学ぶイメージです。

天気や遊び、曜日、時刻、様々な単語を言う、絵本の短い話しを聞いて理解するなどカードや音楽を使って基礎の基礎を学ぶようになるのです。

小学校3、4年生は授業を行うことは必修となりますが成績が付くことはありません。

小学校5~6年生の英語教育の概要

小学校5、6年生は今もすでに英語教育は始まっている年齢です。

しかし、2020年英語の教育改革によりこの学年が学んでいる英語教育は小学校3、4年生の学年で学ぶことになります。

それに伴い小学校5年生と6年生の英語教育は今中学生が学んでいる英語を学ぶことになります。

年間に70時間が英語の授業の必修化となりますので週に2~3時間程度は英語の授業に代わりますのでより英語の力を伸ばすのに最適な教育が実践されます。

は聞く、話すだけだったのに対して小学校5、6年生の時期にはかなりレベルの高い英語教育になり「読み書き」が入ってきます。

小学校5~6年生になると成績も通知表につきますので「国語」「算数」「理科」「社会」と同じように「英語」の勉強も小学校の時期からしていかなければなりません。

2020年へ向けての指導要録を確認してみると小学校卒業時点で600~700語程度の英語を身に着けることを目標としています。

中学校の2020年英語教育の内容は?

2020年英語の教育改革により、中学校に入学をした時点で今までの中学生でしていた内容がすべて終わっているというのが前提となります。

そのため、中学校では高校で学ぶ英語が導入をされてきます。

小学校の時点で最低限度の単語や文法に関しては身に着けているという考えがありますので、中学校では英語の授業はオールイングリッシュで行われるようになります。

「聞く」「読む」「書く」はもちろん「話す(対話)」「話す(発表・プレゼン)」という能力も育てるために自分の意見を発表する、人の意見を聞くなどの授業も導入されるようになります。

高校の2020年英語教育の内容

また、高校ではさらに高いレベルとなり「論理や意見」という科目が新設予定です。

これは英語の科目全体で「話す」「書く」を中心にした発表を強化する授業となっておりプレゼンやディベート、ディスカッションなどを行うようになりますので今の子供達が学んでいる英語教育が低年齢の学年へ移行をされるイメージです。

高校になると入学をする高校で英語のレベルが異なりますが、現在学んでいる高校生の英語は中学校でほぼ終えている状況となるため日本の英語教育がより伸びていくのだろうと思います。

2020年教育改革で大学入試も変わる

小学校から高校までの話だと思っている人は大きな間違いです。

実は2020年の英語の教育改革により大学入試の中でもセンター試験である「大学入学共通テスト」の位置づけが大きく変わります。

英語と数学は記述問題が導入されますが、英語は4技能や資格、検定試験が活用をされるようになります。

英語が「聞く」「読む」が主なテストとなっていましたが「話す」「書く」もテストの内容に含まれますので今の大学入試からも大きく変革をするのです。

そのため、英検、ケンブリッジ英語検定、TOEFL、IELTS、TEAPなどは高校3年生の4~12月までの受験に合格をした2回までの結果を利用できますので今後は英検対策も重要となってきますね。

大学入試はすぐに変わるわけではなく2020年~2023年までは共通テストと資格、検定試験が共存しますが24年からは資格と検定試験は一本化される方向です。

追記:2019年11月27日

大学受験の英語教育はすべて白紙になりました。

民間資格に天下りが見つかり、すべてのテストの導入が見送られたのです。

この記事を書いている時点では今後のテスト対策が見つかっていませんので、大学受験の英語がどうなるのかは不明です。

何よりも受験生に負担のないように進んでほしいと思います。

英語教育の4項目とは?2020年教育改革のポイント

2020年英語改革により、大きく変化をするようになります。

文法を解く、書く、受験の点数を取るための英語の勉強から「聞く」「話す」「書く」「読む」の4項目を学ぶというのが流れとなっています。

その4項目について知らない方もいると思いますので紹介をしていきましょう。

聞く

聞くというのは英語のリスニングという部分です。

日本人が最も苦手としている分野で英語を聞き取れない、何を言っているのかわからないという点がとても問題なのです。

そのため、英語の先生と会話をしたり短い単語で話かけてもらったりすることで英語の聞き取る力がついてきます。

もちろん最初は簡単なことから学べばよいのですが、英語を聞いていろいろな英語をインプットすることが良いことです。

英語を始める年齢にもよりますが、1歳や2歳の前半の時期は英語をインプットする時期であると言われています。

子供の英語は日本語と同じように爆発的に一気に英語を話すことになりますのでこのインプットの時期はとても大事ですし、年齢を叶寝てもリスニングにより英語を聞くことはとても重要です。

話す

次に聞いた英語を口に出すことです。

大人になって英語を学ぶととにかく話すことが苦手です。

日本人に多いには「正しい文法で言わなければ恥ずかしい」「間違った英語はダメ」「日本語と同じ並びで会話をしてしまう」と言う点です。

しかし、子供の場合は文章はバラバラでも言葉で伝えようとする気持ちをもっていますし、知っている単語だけ並べて英語を伝えようと頑張ってくれます。

聞く(リスニング)をした英語を話すこと。

つまり、アウトプットをすることにより英語の力はぐっと伸びますのでインプットをしてアウトプットをするという繰り返しでも子供の英語能力は伸びます。

書く

聞く、話すということができたら次は書くことをしましょう。

最初はアルファベットのAから書くことができれば良いです。

アルファベットを書くことに慣れてきたら簡単な単語を口に出しながら書いていくことで発音と書く(ライティング)を一緒に学べます。

あとはアルファベットの発音であるフォニックスなどで各単語の発音を学ぶことにより英語が読めるようになってきます。

読む

ライティングをすると徐々に読める単語も増えてきて効果を発揮してくれるようになります。

読めるようになると英語をどんどん口にするのでアウトプットの機会も増えていきます。

先ほども伝えたようにアウトプットはとても重要ですし、インプットもとても重要ですね。

英語の絵本をすらすらと読んでいる子供の姿をみると力がついてきたなと感じます。

2020年英語教育改革の問題点3選【小学校と中学校の先生の英語レベル】

日本もより英語の教育を推進していこうという考えが良いのですが、このような英語教育改革が本当に正しいのかといわれると問題点も多いです。

そもそも日本で英語を教える先生は英語が苦手であったり、英語教育を推進していくといっても子供達も触れていない現状があります。

そこで、2020年英語教育改革の問題点について書いていきます。

1.教える先生たちが素人で発音も悪い

子供達に英語教育をする先生たちは英語が話せません。

特に小学校の先生は英語を話すことができないですし、発音も完全に日本語英語となるため子供達の英語を教育する立場としては問題があります。

せっかく4項目を学びましょうと言っているのに「聞く」「話す」という部分で伸びませんし、30名に一気に英語教育をしても伸びませんので問題も生じてきます。

2.小学校で英語教育につまづく可能性がある

小学校の5~6年生で中学校の英語教育が入ってくると「まとまりのある英語を聞いて理解し説明をする」という項目になってきます。

これを今まで中学校で学んでいたことにも驚きますが、これを小学校で学ぶとなるとかなり苦労をします。

将来の夢を英語で話す、地域の良さを表す表現を学ぶなど小学校で出来るとは思えませんしそもそも先生もできるのかという疑問が残ります。

小学校の高学年の時点でこれだけ難しい内容なので、正直どこまで伸びるのか疑問に感じますね。

3.他の授業が減るため教育の質が下がる

英語の時間は小学校3~4年生で週に1時間、小学校5~6年生で週に2~3時間という時間割で成り立ちます。

しかし、これを増やすわけではなく小学校に7時間目ができるわけではありません。

今のところは1時間目が始まる前に15分の英語の時間を作る、給食と昼食の時間を削って英語の時間を作る、45分の英語授業は週に2コマという無理のある時間割になります。

そのため、他の教科にも影響がでるため英語以外のものはどうするのか?本末転倒の予感もあります。

たったの15分で一体何ができるのかは疑問ですね。

正直、文部科学省の考えや今後の英語教育には問題が生じるとしか思えませんので今後のことも考えて英会話教室などへ通うほうが良いでしょう。

子供に英語を学ぶ方法とは?2020年英語教育改革への対策

ここまでは2020年英語教育改革の重要性と、英語の教え方や学び方の大事な4つの項目について書いてきました。

しかし、上記の英語教育改革の問題点をみていただくと学校に任せておくのは正直危険です。

そのため以下に紹介をする方法で英語を先に学んでおくことで、子供が「英語が嫌い」「英語が苦手」と言うことにならなくて済みます。

私も娘たちの将来を考えると早めに英語教育をしておく方が良いかなと思っていますので英語教室へ通わせようかと思っています。

英語教室へ通う

一番簡単に英語を学ぶのならば「英会話教室へ通う」と言う方法です。

大手の英語教室だとECCやAEONなどがありますし、子供だとたくさんの英会話教室があります。

そこで英語を学ぶことにより習得は可能です。

ただし、英語教室を選ぶ際には日本人ではなく外国人がいる教室を選ぶことが重要です。

やはり活きた英語を学ぶためには日本人ではない英語を話せる人物を会話をすることがとても重要です。

1歳や2歳くらいの年齢でも英語を学べる機会ですのでメリットも高いでしょう。

通う回数の目安

子供が英語を学んでいくために大事な英語教室ですが「理想は週何回通うこと?」と聞かれることがあります。

理想は毎日です。

インターナショナルプリスクールに通っている子供の多くは毎日通っており英語の環境にいる時間もとても長いです。

そのため、毎日いろいろな英語に触れることで効果を発揮しています。

月に週〇回とは一概に言えませんが、週に2時間を3回くらいが理想ですね。

一回1時間のレッスンだと聞いて、話して、ダンスしてくらいで終わりになってしまいますので効果は薄くなってしまうでしょう。

週1回1時間ではほぼ意味がないといえます。

オンライン英会話

次にインターネットを使ってオンライン英会話をすることです。

オンラインなので気に入った先生を話をすることで英語の力が徐々に身についてきますし、ママやパパもそばについて子供が学んでいる様子を見ることができます。

ただし、オンラインの英語はパソコン内ではなせる年齢にならなければ意味がありませんので小学生以降がおすすめの年齢です。

また、英語の基礎ができており英会話に特化をした方法なのでリスニング、スピーキングを鍛えるには最適な方法ですが書く、読むという行為は不向きです。

英語教材を使う

一番最初に興味を持たせるならば英語の教材を使うことです。

英語の教材はいろいろとありますが、ディズニーなどは有名ですね。

他にもアプリを使ったり、動画を見せたりすることで英語に触れられますが、正直あまり意味はありません。

インターナショナルスクールにはディズニーの英語など継続的に英語教育を学んできた子供がたくさんいますが、たったの数か月インターナショナルスクールに通うだけでも劇的に英語は変わります。

教材や通信販売の英語教材などは「英語に親しむ」「英語に触れる」程度ならばよいと思います。

英語教室にはいつから通うべき?

じゃあ急いで英語教室へ通わなければ!と思う方もいますが、英語教室へ通うとなった際に気になることが「日本語との混同」です。

例えば、日本語も話せないのに英語を話せるようになるのか?子供は英語と日本語混同しないのか?と言う点です。

これについては「大丈夫」です。

子供の脳は大人と比べても柔軟で、英語と日本語のテレビチャンネルのようなものを頭の中に用意できますのでその都度自然に切り替えることができます。

そのため、早い段階から英語教室へ通っても良いでしょう。

ただし、母国語である日本語はきちんと話せる時期の方が効果は得やすく目安としては2歳程度が理想です。

もちろん0歳児から英語教育をして「英語に慣れる」「英語に親しむ」というのはとても良いことですし、それは逆にしてほしいことです。

あくまでも0歳~2歳になる前は「英語の基礎の基礎作り」であり、2歳からは英語を少しずつ覚えていく時期とおもっておきましょう。

英語ばかりの問題点

もちろん中には両親が英語を話せるため、英会話教室へ通わせるのはもちろんですが自宅でも英語を使うという環境に置くケースもあります。

ママもパパも流ちょうな英語を使うことにより子供にとって良い効果を得られることは間違いないのですが、これは問題点もあります。

そもそも子どもに英語ばかり聞かせておけば英語が話せるようになる。

これは当たり前のことで、外国人の両親が英語しか話をしない環境に子供を置いた場合は自然と英語がつかえるようになります。

しかし、英語ばかりで英語漬けの環境にすれば英語は理解できたとしても日本語が理解できないという弊害もあり国語力は驚くほど落ちますので日本語と英語のバランスは大事です。

日本語が通じない2歳児

実際に2歳児の子供を預かっていたときにお父さんがオーストラリア人でママは日本人だったのでハーフの子供がいたのですが仕事の関係でこれからはずっと日本に住み日本の学校へ入学をさせるということでした。

そのため、インターナショナルスクールへ通って普通の小学校へ行こうと考えていたのですが、英語の指示や言っていることはもちろん伝わります。

しかし、日本で生活をしていくのに日本語がわからない。そして英語のみの理解では子供にとっては何のメリットもありません。

もちろん海外で住むのならば問題はないのですが、英語ばかりを覚えるとなると全く意味もありませんので母国語は大事ですよ。

母国語が基本で英語も同じレベル

英語の環境へ入れれば子供が急に英語を話せるようになると思っている保護者も多いのですが、そんなことはありません。

何よりも大事なことは母国語である日本語をきちんと扱えることです。

日本語がある程度扱えるようになり、それが英語として話せるようになるのです。

「赤いリンゴ=red apple」「あっち行きたい=I’m go to parkなど」(正しくはI want to go to the park)と単語を言ったり文章を並べたりと子供なり英語を話そうをします。

何よりも母国語の獲得をすることが英語を覚えるためにも大事です。

今後海外に住むのならばよいと思いますが、日本で暮らしていくならば致命的な問題となるかもしれません。

英語の教え方は継続することが一番

このように英語の教え方で大事なことは「継続する」ことです。

英語を教える、勉強をするときに難しく感じることもあるかもしれませんが、基本はこの4つでレベルが上がっていくだけです。

子供が小さなうちは聞く、話すの2つのサイクルを回すことになりますが3歳を過ぎて鉛筆を持てるようになったら次は書く、読むということを徐々にはじめていきます。

年齢はあくまでも目安なので、子供によって異なりますし英語に関して持っている能力に左右をされますがいきなり英語を話せるようにはなりません。

上記の4つのサイクルを継続して学んでいくことが重要です。

2020年教育改革のまとめ!小学校や中学校では混乱も多い教育内容

2020年の英語教育の改革について書いてきました。

東京オリンピックや日本の英語力の弱さが露呈をしてことにより、急に動き出している施策です。

もちろん英語教育は大事なのですが、根本が大きなずれのように感じますね。

そもそも英語を当たり前の世の中にしなかったために、今でも英語が話せる人が重宝をされる時代になっています。

教育改革でうまくいくのかは疑問点も多いですので、今後の動向からも目が離せません。

人気記事 → 子供の青汁ランキングおすすめ3選!効果と美味しい飲み方

人気記事 → 子供の身長を伸ばす方法4選!伸びないは遺伝?年齢別の平均一覧表

Taka

Taka代表

投稿者プロフィール

takaです。

園長経験もある異色の元保育士。

子供はもちろんめっちゃ好き!!

今は副業サラリーマンとして、子供関係の仕事とWEB関係の仕事をしています。

保育経験と子育て経験を活かし、皆様のお悩みを解決できる記事を書いていきます♪

気になることや、書いてほしい記事があればお気軽にこちらへ連絡ください。

お問い合わせ

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

taka
元保育士で保育士ライフ運営責任者のtakaです。

【経歴】

・認可保育園で現場の8年、分園の責任者2年

・認可外保育園の立ち上げ2園

・インターナショナルスクールの園長経験あり

・幼児教室の教室長経験あり

現場の保育士から、管理職になり営業や運営、マネジメントに従事した異色の経歴があります。

【簡単な紹介】

現在38歳で奈良県に住んでおり、小学生の娘も2人いるお父さんです!

趣味はキャンプと筋トレ、ランニングです。

今は副業サラリーマンをしており本業は子供関係の仕事。

副業はWEB関係でコンサルや個別相談、WEBマーケ。

それと保育コンサル、育児相談の2つの仕事をしています。

【サイトの運営目的】

子育てって難しくて悩みがつきません。

そこで、いろんな情報をお伝えすべくブログを立ち上げました。

保育士の情報、赤ちゃん、子育て、育児、教育など幅広い「子供」を中心とした情報を発信中です!

実は認可保育園の研修に使われているブログなんです。

 

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る