保育園にかかる料金は共働きの場合いくら?無償化の影響はあるの

保育園へ預けるとなると、料金がもちろんかかることになります。

しかし、中には預ける保育園の毎月の支払いのために働いているような人もいるようですね。

ここに認可認保育園と認可外保育園の料金格差の影響があるようで、認可保育園は補助金をもらっているために利用者の負担は少なく利用ができているのですが、認可外保育園の場合は補助金もないためお金がかかることとなります。

そこで認可保育園、認可外保育園の料金の相場と今話題の無償化のメリットがあるのかについて書いていきますす。

 
スポンサードリンク
 
   

認可保育園の料金は共働きの年収によって異なる

まずは人気の認可保育園になります。

認可保育園が人気の秘密は、厚生労働省が提示をしている条件を満たしており環境も充実。

保育料金も世帯の年収によって異なるのですが、それでも安価に利用ができるという点で人気がありますね。

正直費用に関しては市区町村よって異なり待機児童で有名な地域である横浜市、名古屋市、大阪市、京都市、神戸市、福岡市など市区町村によって微妙に異なるのが現実です。

そのため、毎月支払う費用は保育園への入園が決まってから正確にわかるというケースが多いです。

認可保育園の場合は世帯収入によって異なるケースが多く、所得の高い人ほど料金も高くなりますし、所得の低い世帯ほど保育料金は安くなります。

内閣府がおよその目安の保育料を決めており、それをもとに独自の負担額を決めているという仕組みになっていますので同じ年収でも隣の市と料金が異なる場合が考えられます。

保育料の仕組みと平均水準

満3歳以上の利用者負担

(保育短時間負担)

満3歳未満の利用者負担

(保育短時間負担)

生活保護世帯 0円

(0円)

0円

(0円)

市町村非課税世帯 6,000円

(6,000円)

9,000円

(9,000円)

所得割課税額48,600円未満 16,500円

(16,300円)

19,500円

(19,300円)

所得割課税額97,000円未満 27,000円

(26,600円)

30,000円

(29,600円)

所得割課税額169,000円未満 41,500円

(40,900円)

44,500円

(43,900円)

所得割課税額301,000円未満 58,000円

(57,100円)

61,000円

(60,100円)

所得割課税額397,000円未満 77,000円

(75,800円)

80,000円

(78,800円)

所得割課税額397,00円以上 101,000円

(99,400円)

104,000円

(102,400円)

※満3歳児になっても年度途中での保育料の変更はなし。

※兄弟が上にいる場合、小学校への入学前まで2人目は保育料半額、3人目以降は0円。

延長保育料金などは別途取られることになりますが、認可保育園では基本的な保育料は一律となっています。

ただし、私立の場合はほかに雑費という形で請求をされることもありますので理解をしておきましょう。

もちろん延長保育料金や雑費を含めても認可保育園の料金は安くなります。

また、第2子、第3子の場合は保育料が安くなるというのも認可保育園のメリットになります。

市区町村によっては第3子は保育料無料になるところも多いため、認可保育園へ預けるほうが料金的な負担も少なくなりますし、メリットも高いといえます。

利用をする保育園の市区町村にもよりますが、ひとり親である母子家庭の場合は保育料は無料となっており保育園関係でかかった費用である雑費などもすべて領収書をもらうことによりお金をもらうことができますが年収によっては普通に請求をされることもあります。

父子家庭に関しては収入の金額によって異なります。

父子家庭でも大きな収入を得ている場合は保育料を請求されることもありますので、そのあたりは利用をする市区町村に確認をしまししょう。

 
スポンサードリンク
 
   

保育料金のシミュレーション

いずれの場合も保育標準時間である1日11時間以内を0~2歳児で計算しています。

家庭的保育(保育ママ)は1日8時間で計算しています。

世帯収入1,000万円 世帯収入700万円 世帯収入400万円
認可保育園 約43,800~

54,000円

約29,200~

40,000円

約17,000~

18,300円

小規模保育園 約43,800~

54,000円

約29,200~

40,000円

約17,000~

18,300円

保育ママ 約25,000+実費

(約54,000円程度)

約25,000+実費

(約40,000円程度)

約25,000

(約17,000円程度)

自治体独自の保育園 約47,000~

55,000円

約47,000~

55,000円

約47,000~

55,000円

あくまでも相場を計算しただけなので参考程度になります。

保育ママの場合はおむつ代や食費は実費となりますので理解をしておきましょう。

認可保育園の保育料は基本的に夫婦に世帯収入により異なります。

しかし、固定資産をもっている方は注意をしなければなりません。

低所得で保育料が安くなっている場合でも固定の資産をもっているということは資産を持っている人物という判断をされることになりますので1段階保育料金が高くなることもあります。

認可外保育園の保育料金

認可保育園の場合は世帯の年収によって請求をされる金額も異なるのですが、0円~100,000万円程度の間に必ず収まりますね。

実際に高収入の医師や弁護士、会社経営者などでも認可保育園へ預けるとなっても10万円程度の請求となっています。

それに対して認可外保育園は 認可のように所得によって費用が変動することはありません。

子どもをどれくらいの日数、時間預けたかによって月あたりの保育料が決まります。

1日8時間で月あたり20日間の固定保育料が決まっていることもあれば、保育をした時間分を単純に計算して保育料が決まるところもあり利用をする認可外保育園によってバラバラです。

一般的に認可保育園よりも料金が高くなることが多く、自治体の助成を受けられるような施設のタイプでも0歳児の場合は5万円~8万円程度で、助成を全く受けていない施設の場合だと月に10万円程度は首都圏でもかかります。

もちろんこれは保育料だけとなっており、別途延長保育料金やおやつ、お弁当などかかるケースも多いため事前に保育園は確認をしていくら支払う必要があるのかを確認しておくほうが良いでしょう。

保育料金に関しては0歳児~2歳児の料金が最も高いといわれており、3歳児(年少)以降になると、保育料は下がっていく傾向にあります。

認可外保育園といっても市区町村の認可を受けていることにはなりますので、監査もありますし基準を満たしているかなどの条件を最低限クリアしています。

しかし、認可保育園のように補助金をもらえているわけではなく、ほぼ0円の中で運営をしていく必要がありますので保育料は高めとなっているのが現状です。

認可外保育園(無認可保育園)の保育料金ですが、認可と同じように週5日で一日11時間預けた場合には最低でも6万円~高い地域だと12万円程度までなるケースもあります。

認可外保育園の場合はいろいろな種類があり、託児所のようなただ子どもを保育しているだけならば比較的安価ですが、教育を取り入れている、インターナショナルで外国人を雇っている、駅前で立地が良いという場合は高いです。

単純に人件費と家賃もすべてその費用で賄わなければならないため高めという印象ですね。

特に首都圏の東京、大阪、名古屋、福岡、京都あたりは家賃も高いですし、保育園へ入れない状況が続いている状態のため料金が高く設定をされているケースが多いのが現状です。

認可保育園と認可外保育園の費用が気になる方は参考にしてくださいね。

 
スポンサードリンク
 
   

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

運営者情報

「保育ライフ」へお越しいただきありがとうございます。

私、運営者のtakaと申します。

元現場の男性保育士で認可保育園はもちろん、認可外保育園の立ち上げ、集客などもしてきた異色の保育士です。

現在36歳、娘も2人います。

保育士の仕事って大変だけど特殊な世界なので世の中にもっと伝えたいと思いこのサイトを始めました。

詳しい経歴はこちら

自己紹介

ページ上部へ戻る