保育園の園長の給料と年収はいくら?仕事内容と園長になるには

保育園の園長先生というと、その保育園の顔となる人物になります。

そんな園長先生ですが、実際にはどんな経歴と持っており、どれくらいのお給料で年収はどれくらいもらっているのでしょうか?

そんな園長先生について書いていきます。

 
スポンサードリンク
 
   

保育園の園長になるには資格が必要

園長という名称は幼稚園や認定こども園では正式な名称となりますが、保育園では園長ではなく「施設長」というのが正式名称になります。

もちろん誰でも保育園の園長になれるわけではなく一定の条件を満たしていることが必要となりますね。

保育所の場合公立では、

「児童福祉事業に2年以上従事をしたかそれと同等の能力がある者」と定められており、

民間(私立)の保育園の場合は

「健全な児童福祉事業に熱意があり、施設を適切に運営できる者」と定められています。

これに以下の4つのいずれかの要件を満たしていて、はじめて保育園の園長になることが可能となります。

・保育士を保有しており、認可保育園において常勤保育士として10年以上実務経験を有するもの。

・児童福祉事業に2年以上従事し、施設長認定資格講習会を受講して認定をされたもの。

・社会福祉主事の資格を有し、かつ、児童福祉事業に2年以上従事した経験を有するもの

(就任2年以内に施設長認定資格講習会を受講)

・上記の3つ準ずるものとして知事が適当と認めたもの。

幼稚園や認定子ども園の場合、統一をされた要件はありませんが一般的にリーダーシップのある人材が抜擢をされます。

公立幼稚園では管理職試験に合格をすることが必要となります。

一族経営の場合、一族の中の代表者がその職に就くことが多くありますね。

最近は待機児童の問題もあることから、保育園の園長求人も多くでています。

もし、保育園で園長をしてみたいという方は上記の条件をみたさなければなりませんが、園長になれるチャンスがありますので求人んを見つけて応募をしてみましょう。

保育園の園長の仕事

園長は組織の代表です。

そのため、その保育園や幼稚園の社長という意味になりますね。

保育所保育指針では「責務」という言葉で、園長の「責任」と「義務」が示されています、

園長は全職員から信頼をされ、リーダーシップを発揮していくことが求められるため、確かな人間性と倫理観をもつことが求められます。

また、保護者のことはもちろんのこと、近隣の住民や地域の小学校や施設、児童相談所などのネットワークを構築していくこともとても重要となります。

加えて、子育て支援の一環として園庭開放や子育ての相談の応じるなど地域の子育ての家庭に寄り添える力も大事となりますね。

保育園の園長の仕事は多岐にわたるので、いろんなところへアンテナをはって目を配らせる先生でなければ難しい場合も多いです。

特にマネジメント能力は不可欠でコミュニケーション能力が高くなければできません。

もちろん、お給料などの財務面でも決定権ではすべて園長先生にありますので人事、社長、経理など多岐にわたる業務を行いながら保護者対応、地域の対応や挨拶周りなどを求められる仕事といえます。

保育園の園長は嫌い

これ、いろんな保育園の保育士さんが結構口にする一言といえます。

その理由は、保育園の園長は基本的に相談相手もいないですし、保育に関してはベテランの先生が非常に多くなります。

そのため、保育士を指導したり時には叱ったりすることで職員全員を立派な保育士に育て上げることも大事な業務の1つとなってきますね。

そのため、時には言いたくなくても相手に言わなければならないこともありますし、注意をしたりしていく大事な仕事です。

私も今までにいろいろな園長先生がいるのですが、実際には保育士に厳しく言える、そして意見を言える園長先生のことは職員が嫌いと言いながらも最後には相談をしたり、頼ったりしていました。

 
スポンサードリンク
 
   

しかし、変に職員と仲良くなろうとしたりフラットな関係を作り出すと大概の場合は失敗をしており信頼もリーダーシップも取れないダメ園長になるケースが多くなります。

好かれる園長になるか?もしくは好かれない園長になるかは普段からの仕事の態度や職員への対応によって大きく異なってくるといえますが、園長先生は基本的には嫌われても良いので保育園が良くなるような立場になっておくことが重要になってきますね。

しかし、言い方には気を付けましょう。

最近は保育士不足の影響で園長は誰よりも弱い立場になることが多いです。

昔は厳しかった園長も最近はパワハラと言われたり、保育士はたくさんの求人がいつでもあることから退職をされることになるケースもあります。

年度途中で退職をするということは最もリスクがあるのですが、それでも保育士からすると別の保育園でもすぐに就職ができるという考えをもっています。

最近の園長先生の仕事は「長く勤務をしてもらえること」「保育の質を上げていくこと」というように反することを言わなければならないので気苦労も多くなっていますね。

保育園の園長の給与と年収

そんな責任も大きいけれどもやりがいのある園長という仕事ですが、実際に仕事をした場合のお給料や年収について書いていきましょう。

園長といっても実はいろいろな種類がおり、雇われ園長と言われるのはオーナーや法人の理事が別にいる状態で保育園の園長をしている先生もいれば、法人の理事長兼園長みたいな形もいます。

実や雇われか?自分の法人なのかでお給料も差も大きいですね。

私立で認可保育園の園長先生になると、平均は約525万円程度です。

地方公務員の平均年収と同じ水準の年収ですが、雇われの園長先生だともっと低くなり約400万円程度になることもあります。

また、補助金などの優遇制度がない認可外保育園の園長先生の場合は350~400万円程度で経営状況や採用をされている会社の規模によってもう少し年収は低くなるようです。

公立の保育園の園長先生はどうでしょうか。

公立の保育園の園長先生の年収は大体平均で約700万円程度です。

公立保育園の職員は公務員になりますので、園長先生として勤務される人が多い50代以上の方の年収がこのくらいの水準です。

また私立・公立いずれの保育園の園長の年収も平均額でなのですが、私立保育園で人気のある園や勤続年数が長い人などは、年収1,000万円ほどもらっている園長先生もいらっしゃるようです。

この1,000万円クラスとなると法人のトップも兼務をしている人が多く、園長の他にも例えば隣に老人ホームを持っているなど多岐にわたる事業を手掛けているために給与も高いといえます。

しかし、世の中男園長先生と呼ばれる人の半数は雇われ園長でサラリーマンと同じ扱いなので園長としての実績や保育をしている人数によって大きく変化をするといわれていますね。

ちなみに幼稚園の場合、私立の幼稚園の園長先生の年収は約500~600万円程度です。

幼稚園の場合も保育園と同じように、富裕層や有名人が通う人気のある私立幼稚園だと1000万円ほどの年収があるようです。

公立の幼稚園で、保育園よりも少しさがって平均約600万円程度となっていますね。

園長先生の年収や給与をみてもそこまで大きな金額になっているとはいえないですし、雇われは一番責任も思いが、実績が悪いと解雇をされる場合もあるようです。

園長先生のお給料は350万~多い人は1,000万円となっており幅広い水準と相場になっているといえますね。

園長の求人情報などをみると月額25万円程度のものの多いので雇われ園長の可能性もありますが、比較的高めの水準となっていますので木になる方はぜひやってみてください。

 
スポンサードリンク
 
   

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

運営者情報

「保育ライフ」へお越しいただきありがとうございます。

私、運営者のtakaと申します。

元現場の男性保育士で認可保育園はもちろん、認可外保育園の立ち上げ、集客などもしてきた異色の保育士です。

現在36歳、娘も2人います。

保育士の仕事って大変だけど特殊な世界なので世の中にもっと伝えたいと思いこのサイトを始めました。

詳しい経歴はこちら

自己紹介

ページ上部へ戻る